ひとみにカルチャーショックを。

旅行・グルメ・美容をメインに綴る女性向けの趣味ブログ

スペイン旅行

スペインの鉄道 Renfe(AVE) でマドリードからコルドバ、マラガからバルセロナへ移動

スペイン9泊11日の旅。スペインの国鉄、Renfe(AVE) は2回利用。1回目はマドリードからコルドバ、2回目はマラガ-バルセロナ。予約の仕方、乗り方、実際に乗って気づいたこと、アドバイスなど。

マラガのホテルは民話の絵本のお部屋みたい! オテル・ラス・アメリカス宿泊レポート

マラガはスペイン、アンダルシアの南のはじの人口50万の港町。ピカソ生誕の地であり、世界的なリゾート地、コスタ・デル・ソルの玄関口として名高い。駅前の1つ星ホテルに1泊してきました。宿泊レポートです。

スペイン 白い村ミハスは個人旅行ならあえて行くことないと思う。※観光マップ画像あり

スペインに行き、アンダルシア周遊ツアー(個人旅行では難易度高)に参加。白い村、ミハスを訪れました。実際に行ったときの様子や観光情報、お土産情報。 なぜ観光客がミハスを訪れるのかの理由など。

【画像155枚】スペイン アルハンブラ宮殿 スタッコ装飾と幾何学タイル模様多め

「この世のものとは思えない」の言葉が最もふさわしい。 何よりもすごいと思うのは、お城って、普通は王様の威厳を示す、民を威嚇し、他国に自国の力を見せつける。性格を持たせるのが当然。 なのに、アルハンブラ宮殿は以上の要素がかけらもナイ。どこまで…

アルハンブラ宮殿内のホテル( パラドールデグラナダ)レストラン夕食・朝食見せます

スペイン旅行のハイライト。アルハンブラ宮殿のパラドールにとまってお食事をいただくのです。質・味とも、9泊11日のスペイン旅行でベスト! コース料理の夕食とブッフェ料理の朝食を紹介します。

アルハンブラ宮殿内のホテルに泊まれる! パラドール・デ・グラナダ 宿泊レポート

スペインのアルハンブラ宮殿は、アンダルシアのグラナダの山の上、 城壁に囲まれてある。その内部、もともとは修道院だった場所をホテルに改装。 スペインでは歴史的建物をリノベした国営のホテルは「パラドール」と呼ばれている。 なかでもアルハンブラのパ…

【世界遺産】セビリア大聖堂はスペイン1。世界1のゴシック建築。世界3位の大きさ。

11世紀まではイスラムにより、14世紀以降はキリスト教徒により、インターナションル・シティとして繁栄を誇った典雅な都、セビリアが満を持して築き上げた世界遺産、セビリア大聖堂。

スペイン・セビリアのスペイン広場はスターウォーズとアラビアのロレンスと風とライオンのロケ地

広い。規模が大変に大きい。そしてスペイン国内を旅して回り、「ココと同じようなトコ、もう、またはこれから見たな・見るな」感はなかった。スペインっぽい写真がたくさん撮れて、スペイン情緒に浸り、楽しく過ごせる。という意味では、とても良いスポット…

スペイン・セビリアのメリア・レブレロスMelia Lebreros宿泊レポート(4つ星ホテル)

『カルメン』の舞台、『セビリアの理髪師』の舞台、スペイン・アンダルシア第一の都市、セビリアのメリア・レブレロスMelia Lebrerosの宿泊レポートです。立地抜群、施設設備満点。王道の4つ星ホテルでした。

スペインでフラメンコ鑑賞 日本語で予約できるタブラオ17軒 エリア別の違いと体験記

スペインと言えば本場のフラメンコ。場所は? マドリード・バルセロナほか、町ごとのフラメンコのカラーの違い。おすすめエリアと日本で、日本語で予約できるフラメンコのお店の紹介です。

コルドバ メスキータはスペインのイスラム建築の華。サマナ・センタのスペシャル展示

メスキータはスペイン南部、アンダルシアにある古都、コルドバ(人口30万人くらい)にある。世界最高のイスラム建築のひとつ 。 スペインに行くなら、アンダルシアに足を伸ばすなら、絶対に見るべき。行くべき。世界中のどこにもない、ユニークな造形美。…

アルハンブラ宮殿に行きたい! 行ったツアーを紹介! マドリード発バルセロナ着。

スペインに行こう!と決めた動機の1つは「アルハンブラ宮殿に行きたい」。死んだ気で 特典航空券も押さえた。 で、マドリードからアルハンブラ宮殿、どうやって行こう? 結局、スペイン国内発着日本語ツアー「アンダルシア地方周遊2泊3日」に参加しました…

マドリードのホテル カタロニア・プエルタ・デル・ソル宿泊レポート 超おすすめです!

パーフェクトな宿でした。立地完璧! ホテルはキレイで設備よし、スペイン情緒たっぷり! サービス満足、お値段リーズナブル。

ティッセン・ボルネミッサ美術館のおすすめ見どころ作品30を紹介。

マドリードの3大美術館といえば1にプラド美術館。スペイン美術の芸術作品コレクション。2にソフィア王妃芸術センター。現代アートの芸術作品コレクション。3がティッセン=ボルネミッサ美術館。ヨーロッパ芸術作品レクション。 つまり、マドリードで3大…

ソフィア王妃芸術センターでゲルニカ ピカソとダリとミロ 実物を見て初めて実感

マドリードに行ったなら、『ラス・メニーナス』と『ゲルニカ』くらいは見て帰りたい。『ラス・メニーナス』はプラド美術館にある。『ゲルニカ』はソフィア王妃芸術センターにある。行かなくては。

スペイン国内No.1 マドリード ラス・ベンタス闘牛場 日本語見学ツアー参加レポ

スペイン名物・伝統・国技、闘牛。でも牛さんが闘牛士さんに刺されてしまうのをわざわざ見に行く気にはなれない…。 マドリードのラス・ベンタス闘牛場は、闘牛のない日・時間帯なら見学できる。しかも、日本語対応! 行ってきました。レポートします。

【ツアー参加】マドリードとトレド観光。名所の定番・王道・おすすめ 1日でクリア

スペインおんなおひとりさまの旅。地理には超絶弱いが旅行は行きたい。絶対危ないめにあいたくない。楽して観光地を回りたい。 今のところの結論は「到着後、初日は日本語の現地の半日~1日ツアーに参加、2日目以降はツアーの取りこぼしを拾い、行きたい場…

JALビジネスクラス搭乗記(フランクフルト-成田)

ポイ活で獲得したJALのビジネスクラス席。JL408便、19時40分フランクフルト発(ターミナル2)翌日13時55分成田着(ターミナル2)、機体はボーイング787-9(789)座席のタイプはE71。座席タイプはJAL SKY SUITE。1…

フランクフルト空港 JALサクララウンジレポート(ターミナル2・ワンワールド)

ポイ活でスペイン旅行に行きました。席はビジネスクラスを取れたので空港ではラウンジが使えます。フランクフルトではJALのサクララウンジに入れました。広さや雰囲気、出ている食事や飲み物、お伺いしたことなど。

【ドキュメント】フランクフルト空港乗り継ぎ T1→T2所要時間は1時間

ターミナル1(ルフトハンザ航空便)からターミナル2(JAL便)までの乗り継ぎ。1時間かかりました。英語もドイツ語も話せない。つまり人に聞けない。自他ともに認める地図の読めない方向音痴。の私が生まれて初めて外国の巨大空港の 面積約1900ヘクター…

ルフトハンザド航空LH1127 ビジネスクラス搭乗記(バルセロナ-フランクフルト)

座席・食事・フライトをレポート。12時45分バルセロナ(ターミナル1)発、14:55フランクフルト(ターミナル1)着。2時間10分のフライト。 EU圏内の飛行機移動って、ヨーロッパでは国内線扱いなんだそうです(シェンゲン圏)。日系以外の飛行…

バルセロナ空港ラウンジ パウ・カザルス レポート(プライオリティパスワンワールド)

バルセロナ・エルプラット空港のラウンジ、Sala VIP Pau Casals(サラVIPパウ・カザルス)レポートです。 空港のフロアマップにのってない。というか、空港のフロアマップ、そもそもなかった! ショッピングマップはもらってきました。場所にマーク入れまし…

イベリア航空ビジネスクラス搭乗記(直行便 東京・成田発マドリード・バラハス着)

スペインのフラッグキャリア、イベリア航空の成田発マドリード行直行便ビジネスクラスの搭乗記。日系以外の飛行機に乗るの、初めてでした。比較も交えながら。

成田空港ターミナル2 1時間40分で全ラウンジハシゴしてきた(JAL・ワンワールド)

陸マイラー活動で獲得した」JALコードシェア便ビジネスクラス席。 偉い陸マイラーさんのブログで指をくわえて見ているだけだった憧れのラウンジ全部回りたい。行けるのか。間に合うか!? JAL・ビジネスクラス(ターミナル2)で入れるラウンジ 朝5時…

スペイン旅行を終えての感想とアドバイス(天気・食事・コンビニ事情・入国審査etc.)

9泊11日でスペイン旅行から帰ってきました。気づいたことや初訪問スペイン一観光客が気づいたことなど。

クレカの海外旅行保険じゃ足りない!個人旅行・特典航空券でも入れる旅行キャンセル保険とは

陸マイラー活動による(特典航空券獲得による飛行機代無料の)スペイン旅行を控え、手持ちのクレカの海外旅行保険を再確認。そしてクレカの海外旅行保険には限界がある。キャンセル・緊急帰国をカバーできる保険に入りたいのです。