官足法の速攻効く疲れ目血圧花粉症ほかの足のツボややり方を紹介。

官足法という由緒正しい(らしい)足裏マッサージにかかって、…20年近くなります。2週間に1回。前半は足裏の反射区を攻める。(なぜこんな書き方するのか。それは…痛いのです(>_<;;;)足の裏には体の反射区が集まっており、ここを刺激することで不調を直す。後半は、前半の埋め合わせに!?肩とか坐骨とかマッサージしてくださる。なぜここまで続いているのかを考えるに、何かと重宝だからですね。効果の出かたややり方、好転反応についてなど。

 

官足法:plain

(ご愛用のツボ押しグッズです)

官足法とは?

台湾生まれの官有謀先生(もうお亡くなりになりましたが…)という方が始めた足裏健康法の一つ。1910年代にアメリカの先生が足の裏にはツボがある!の本を出し、今メジャーなのはイギリス式と台湾式。イギリス式リフレクソロジーはソフトで、効果のありなしよりもリラックスできる場所で柔らかに人に触ってもらう。(人の手で触ってもらうって、効果絶大ですからね~)対する台湾は中医学と結びつき、効果がなければ意味はない!とばかりに、痛い。官有謀先生はこの道の日本での草分けであり、普及につとめ、悩める人々を救ってきた。名は明かせないが日本の枢軸を担う方のたっての願いで、期間限定、集中治療。泊まり込んで施術され、日本の未来を守ったこともあるそうな。

官足法のやり方

基本は足の裏のツボを刺激していく。ツボ押し棒(100均で売ってるのでOK)で悩める場所のツボを押す。突く。しかし反射区が大きかったり(股関節とか)棒の届きにくいところ(足指と足指の間とか)には自分の指で触ります。触り、さするには、滑りをよくしなければならないので、ジェルとかクリームを塗ります。

 

 

いちいち座り込んで棒や手を使うのは面倒だ。の方には踏板などはいかがでしょう。砂利まいたように凸凹がついている板もあれば、

 

足型に合わせて突起がついているタイプもあります。

 

ふみふみすれば全体的に健康になれる。ただし。ピンポイントを狙うのは難しい。そして自分の全体重で反射区を刺激するのです。はじめはかなり痛いはず。壁や柱に手を添えてどうぞ。

 私が官足法先生に勧められ、買ったのはこちら。

 

官足法の好転反応

足の裏をもみほぐすということは、身体全体を刺激すること。刺激しすぎて、かえって辛い目にあうことがあります。これが好転反応。私の伯父はがんにかかり、私の官足法の先生にかかったのですが、最初の人には様子みて、弱めに施術するんだそうです。しかし。ソフトにやったはずなのに。熱が出て、もうごめんだ。と続きませんでした。官足法先生曰く。「ここを越えれば(熱が下がれば)、効果がでてくるんですけどねえ~。勿体ないです。」ただ、コレ、プロの技だからこそ、ともいえます。素人がおそるおそる触ったからといって、ツボ、ここかな~と試しに触ったくらいで、ストレートに効くを通り超して好転反応など、そうそう出てくるものではありません。

官足法の得意分野

私のついている先生の得意は、腰痛。高血圧。糖尿病、肝障害。心疾患。生活習慣病や慢性疾患がお得意。お客さんの年齢層も高めですしね。50代以上が大多数。ただし、「先生、次の回まで、私が元気に酒が飲めるようにしてください!」と偉い先生に体預けているんだとばかりに好き勝手する人もいるらしい。「私のお客さんには脳梗塞で倒れる人はいません!がんにかかった人はいません!」との力強いお言葉。若い人だと、うつ。女性だと不妊(あっという間に赤ちゃん誕生の自信アリアリ)生理不順、更年期障害も任せてください。とのこと。もちろん、真面目に定期的にプロの施術を受けていれば、です。

官足法のセルフケアのメリット

たとえば、私は昔、冬になると乾燥のせいか、喉が痛かったのです。咳の深さは半端なく、皆さまの不安感をあおっていた。
で、官足法先生に聞いてみたところ。ツボを教えてくださる。1本1000円くらいで買ったツボ押し棒で攻めてみたところ。治った。カゼ気味のときはこのツボ刺激を強化。パソコン眼でウサギさん状態の時はこのツボ強化。
「センセ、今日は肩」「センセ、今日はやる気でない」とか訴えますと、病気というほどではないのだが、ちと日々の暮らしに差支える小さな不調。病院や薬屋さんにその都度行くのは億劫です。つまり官足法でいう未病。病名がつく前に、なんか変だな、おかしいな…。自分で気づいたときに足ツボを刺激し、腎臓をはじめとする内臓神経の動きと流れを活性化していくことで、マルチに不調を調節・ガッテン解決。即効性があります。とても助かるんです~。

 

お悩み別足のツボ

お世話になって20年。私が聞き出したツボです。

疲れ目

「目、疲れてますねえ」…足裏マッサージ始めてから、言われない時はナイ。(日中仕事、夜ネット)
おまけに最近は、「目、かすみませんか」と聞かれるようになってしまった(涙)。で、ツボを教えていただきました。
目のツボは人差し指と中指がツボ。ぷにぷに肉球のところは眼球、そして指の脇と付け根はその奥。表側にはツボ、なし。
足裏人差し指と中指の、下半分の「肉球」をよ~く揉みます。指の腹の他に、脇も忘れずに。そして足の人差し指・中指の付け根に行くほど、目の奥に効くそうです。
目のツボは、棒は使わない。手で揉みます。クリームなりジェルなりをつけて滑りを良くします。肉球のところを揉むと激痛が走る。足指の脇も痛い~と涙目ウルウルになるまで揉みます。付け根は爪をめり込ませるつもりで。ここも痛いのなんのって…。が、効果絶大です。
「肉球」とはネコのもの、ではなく人間にもあるんだ、知らなかった、と思いつつ、やってます。1日おきくらいには、やった方がいいみたい。

血圧


実は私、献血が好きなのです。スカッとします。
ある日、胸をときめかせ、献血車に乗り込んだ私に、血圧高くありませんか、とお医者さんから声がかかりました。下100、上140くらいだったかな。無事献血させていただき、事なきを得ましたが。その後も高めの測定結果が続きました。
ちと高すぎるのではないか。もちろん、今は自覚症状とかないけど、降圧剤って、ずっと飲み続けなくてはいけないと聞くしなあ。何より気にくわないのは、人(←お医者さん)にあれするな、これはイカンと指図されることです。月に何回も病院に行くのもイヤだ。そんなヒマない。で、先生に泣きついたところ、
「(血圧の数値140なんて)そんなの高いって言いませんよ」と言いつつ、(官足法先生の顧客の年齢層は高い)教わったツボは「腎臓」と「首」。
・腎臓
ここは官足法の基本でもあり、腎臓にはじまり腎臓に終わると言っても過言ではない。デトックス。要らないものを体の外に出す。施術の最初には必ず腎臓~膀胱~尿道のラインをグイグイやられます。土踏まずのやや上中央部分。が腎臓のツボ。とにかく必死で押す。ホントのことを言えば、さするくらいでは全然足りないのですが、触らないとりは触る方がいいに決まっている。
・首
足の親指=頭、脳です。爪側が前、肉球側がうしろ。そして足指の付け根は首、ですね。なので首の後ろがは足の親指の肉球側の付け根から肉球にかけて、筋張っている部分をみつけ、柔らかくしていく。
毎日続け、次の職場の健康診断では正常値に戻した。しかし加齢とともにじわじわと上がる血圧。最近は足ツボに加えてジムに通ってランニング。血圧との戦いは死ぬまで続くのです!

 

認知症&ボケ防止

官足法先生のお名前には武とか勇とか勝とかがつきます。つまり、太平洋戦争のころ、日本、どうか勝ってくれ、との祈りが込められた名前。のお年回り。今も健康現役バリバリ。秘訣を知りたいではありませんか☆彡
ズバリ、攻めるのは足の親指肉球側。そしてかかとです。
ひとつずつ説明してまいりましょう。
・足の親指肉球側。
足の親指=頭、脳です。足指の付け根は首、ですね。ここの「下垂体」が年をとっても元気で過ごす要らしい。
甲状腺副甲状腺副腎脾臓睾丸卵巣生殖器リンパ節を統括するのが下垂体です。
「足裏 ツボ」で検索すると、画像がたくさんヒットします。どの画像にも、下垂体は足親指中央がツボ、との図解が。
しかし先生がここです、と指差すところは。少し。ズレています。
もう少し、ツボは斜め上です。わすかに斜め左または斜め右よりです。なぜこのようなあいまいな言い方をするのかと申しますと左45度わずか上と右45度斜め上を2箇所、「ココとココがききます」とぐりぐりツボ押し棒で指し示してくださるのですがどっちが下垂体でどっちがもうひとつなのか何回聞いても忘れてしまう…。
しかし足指ったってせいぜい2~3㎝角の世界です。どうせなら大脳も、小脳も脳幹も、とどこまでもアバウトな私は思いついたときにぐりぐりやります。
・かかと。
かかとのほどよく真ん中あたり。ココ「足裏反射区早見表」では生殖腺なのですが。しかし記憶力とも大いに関係してくるとのこと。生殖と記憶が同じツボだななんて、意外だし、オモシロイ☆彡あわせかかと全体をもみほぐし頭をやわらかに。みずみずしくありたいものです。

花粉症

眼球はずしたい。泣けて泣けて辛い。鼻だけセレブで気持ちは大貧民。。。
攻めるべきは ズバリ 「鼻」と「目」。ここで疑問が浮かんできます。…花粉症って、結局、アレルギーですよね。アレルギーに効くツボってないのでしょうか。官足法先生いわく。
「良い質問です(←人間が出来ているからまず褒めてくださる♪)教科書には、「副甲状腺」がアレルギーのツボ、と出ています。しかし、私がお客さんに試したところ、花粉症には、やはり、鼻と目です。とのことでした。
・鼻
鼻のツボは足の裏 親指中ほど外側。花粉症の方はここを触るだけで痛くて飛び上がられます。
ここをグリグリやってください。指だけでさするのでは弱いですね。ツボ押し棒先端がこのくらい細い方が、ピンポイントにツボに入ります。ここを、突くのです。
官足法先生の施術の痛さは半端ありませんが、自分の身体をわざわざ痛く痛く突くのは、そうそう簡単ではナイ。ので絶えられるほどほどの痛さで、その分時間をかけましょう。これで花粉症の辛さから解消されるのなら、と自分で自分に言い聞かせましょう。
・目のツボ
「疲れ目」で教わったのと同じです。

足ツボのほかに教えてもらったこと

サプリは3カ月以上続けて飲むな。

疲れ目にサメスクワランを飲むといいとも言われた。(買って飲みました。良いですが、結構高価。補充が面倒。勿体無くて取って置いたら、消費期限過ぎてしまったという悲しい結果に)
ただし、1・2週間飲んで、効いたらやめてください。とも言われました。よく、セ○ミ○とか、D○Aとか、テレビで定期購入のCM、流れますよねえ。先生のお話によりますと、悪くはないんだそうです。ただ、飲み続けると効かなくなる。先生いわく、「3ヶ月飲んだら、1ヶ月やめてください。これは、売る人は言いません。」
なるほど、もともと健康食品の類って、じわーっと自分の状態を上げていくものだし、体が慣れてくると、反応しなくなってしまうのか。。。
そう言えば、かの佐伯チヅ先生も、同じようなこと言ってたなあ。
同じ手をかけるなら、結果を出したい私は、以後コスメ・サプリの類は両先生のお言葉に従い、間をあけることにしています。

手のツボと足ツボは同じ

足のツボって、手のツボと基本、同じなのです。ですので、例えば先ほどの花粉症。出先で、自分の両手の目のツボ、鼻のツボを痛くない程度に攻めれば。自衛できる。

官足法の施術の効果は2・3日

母も同じトコ通っているのですが、先日白内障の手術を受けた。
官足法先生に、「こんなに長く通っているのに、なぜ入院・手術などというハメに!!!」と詰め寄ったことがあります♪
先生のお答は、「2週間に1度では厳しい。その間は自分でやらないと。」でした。
「あー気持ちよかった」で次の施術の時まで忘れてる。私が施術しても、効果はせいぜい2・3日。注意事項やココやってください。申し上げているんですよ。でも、みんなやらないんですよ~。とのことでした。
お抱えの先生がすっ飛んできてくれるような身分の人ならともかく、自分のことは自分で。

最後に

教えてもらえなかったツボ


「痩せるツボ」(胃腸の働きを良くするツボは御存知でも悪くするツボは知らないらしい)
「子どもが良い子になるツボ」です。ああ、この2つこそが、知りたかったのに。偉い先生は、研究なさらないのでしょうか。儲かるのに。

痛いくらいにツボ押ししましょう。

官足法の先生によりけり、他の流派の先生にも先生毎にやり方がある。が、私の先生は、痛い。。。逆にいえば、痛くなるほどにもみほぐしてこそ、身体がはじめて反応する。自分で、自宅で棒一本で自分の体を管理できるのだ。こんなにありがたいことはない~。と痛みに耐えましょう。