JALビジネスクラス搭乗記(羽田ーヒースロー)。シート・機内食・アメニティーなど。ビジネスクラスのメリットもまとめました。

JAL043便、羽田発ヒースロー行、11時20分発、当日15時50分着、飛行時間は12時間30分。ボーイング777-300ER。ビジネスクラス搭乗記です。

JAL-businessclass

 

 

正規の料金は50万~70万円(予約の時期や搭乗券の種類による)。

ただし私が使ったのは55,000JALマイル、 税金料金等6,370円のみです。

JAL-businessclass

ファーストクラスの搭乗受付。

 

JAL-businessclass

 見上げた羽田空港。

 

JAL-businessclass

 ビジネスクラスの搭乗受付。空いてるのかな~とか思ってたけど。 

総座席数は244

  うちファーストクラスは最前列2列          8席

  続いてビジネスクラス 5~12列      49席

  続いてプレミアムエコノミー 17~21列  40席

  最後にエコノミー 23~57列      147席

 

JAL-businessclass

 

50人もいるんだもの。多少は仕方がないかな。

いよいよ搭乗です!

 

仕様はJAL SKY SUITE。

ヨーロッパに向かう飛行機の場合、景色を楽しむのであれば右側窓際がおすすめ。

 

euro.navi-club.jp

 

 

アメニティ

JAL-businessclass

枕と毛布は安心の高品質国内産「エアウィーブ」。錦織圭さんもご愛用。浅田真央さんもご愛用。

「BEDD」はメニューリスト。

JAL-businessclass

JAL-businessclass

 

アメニティはエトロのポーチ。

JAL-businessclass

 エトロ独特の細かい細部まで妥協のないペイズリー模様。モノトーンのエトロなんて、なかなかお目にかかれないわ。レアものですね。

 

ポーチの中身は

JAL-businessclass

 

  • リップクリーム
  • 歯磨きセット
  • モイスチャーマスク
  • 耳栓
  • アイマスク
  • ポケットティッシュ

なぜにわざわざ「モイスチャーマスク」というのかと言えば、マスクの他に、駅弁のおしぼりみたいなかんじで、ウエットティッシュ状のものが一緒に入っている。マスクをかける時ミニウエットティッシュを唇にあたる部分にあてがえば、機内の乾燥から喉を守れる。早速使ってみましたが、湿気が加わるので、息がらくですね。お肌の保湿も兼ねて一石二鳥♪

ポケットティッシュも、芸が細かいんですよ。レース模様が入っていて、ティッシュというより細かく折りたたんだ紙ナプキンのイメージ。ティッシュの紙は、道でもらったりするものよりもコシがあり、固くしっかりしている。

JAL-businessclass

 

 

周囲の騒音を低減するノイズキャンセリング機能付きソニー製の密閉型ヘッドホン。

JAL-businessclass

座席ライトとあわせてごらんください。

 

スリッパは淡いグレーのタオル地で、柔らかい。繰り返し使ったら毛玉は出るのでしょうが、おろしたての肌触りの心地よさは、格別。 

JAL-businessclass

 

 

シート

モニターは23インチ。

JAL-businessclass

モニターの台の下にオットマン(足置き台)があり、その下に機内持込荷物を置くことができます。

脇の雑誌入れには搭乗の注意、機内エンターテイメント紹介冊子、機内販売冊子、機内誌など。

 

JAL-businessclass

コントローラーでモニター画面を操作できる。

食事・飲み物のオーダーもできる。
機内販売の免税品の品定めもできる。

 

JAL-businessclass

座席はスタンダード・リクライニング・フルフラットベッド、首のあたる位置、背もたれ、脚の部分の調整ができて、自分好みにオーダーメイド。

 

JAL-businessclass

充電用の電源も世界仕様だし、USBポートも映像入力用端子もフル装備。

 

JAL-businessclass

搭乗記念のシャンパンなどいただいてしまい、いい年して気分は盛り上がりまくり~!

 

さて、いよいよ離陸です!

JAL-businessclass

 

JAL-businessclass

 

ビジネスクラスは、自分で、頭の上の荷物置きからマットレスを出して、敷くのです。(当然枕と同じく、錦織圭と浅田真央とお揃いのエアウィーヴ♪)

 

マットレスを敷き、毛布を整え

JAL-businessclass

足元・足回りは私の体の大きさなら余裕は十分。(私の身長は160㎝前後)

JAL-businessclass

 

そして座席脇からテーブルを引っ張り出して準備完了!

JAL-businessclass

初のビジネスクラス、お空の写真を撮りたくて窓際を選んだのですが、一番びっくりしたのは個室感パーフェクト!

 

ビジネスクラスの席は窓側・通路側・中央とあり、全席通路アクセス。隣の人に「すみません」と断らなくてもトイレその他の用足しに立てる。

とにかくゆっくりしたい、乗り慣れているから外の景色なんて今更…の方は通路側や中央に座られる。

窓側は通路側の影になっていてCAさんの目は届かない。

 

JAL-businessclass

正確には、搭乗時にはパーティションが下げてあり、隣の席の人の顔は見れた(上品そうなマダム)。

「離陸時と着陸時には安全のため、下げておいてください。シートベルト着用のサインが消えたら(パーティションを)上げてくださってよろしいですから。」とのCAさんの言葉におとなしく従い、離陸後ほどなくパーティションを上げたところ、ロンドンに到着するまで、完全なるプライバシー万全のパーソナル空間が私のものになってしまうのです。

もちろんCAさんは折に触れて声はかけてくださるし、ナースコールならぬCAコールボタンもあるので、呼べばいつでも来てくれる。

さらに付け加えれば、通路側には窓側にはないサイドテーブルなどの収納スペースがあったりします。(中央・窓側にはオーバーヘッドシェルフがあったとのことですが気が付きませんでした)

そして、脚を伸ばして、横になっての空の旅が、こんなに楽なものだとは。しまいには起き上がり、パーティションを背もたれにしてあぐらをかいてヨガのポーズなど取ってしまった。リラックスできる~。お空の上で本物の天国の気分。

 

たとえエコノミーの3倍の運賃を支払ったとしても、12時間の空の旅に50万のお金などさほどの大金とも思わない富裕層の方々にとっては、きわめて妥当なお金の使い方なんだろうなあ…。

 

そしてビジネスクラスのブースは、静かです。皆さま到着後に備え、貴重な休息の時を過ごしていらっしゃる。

あとで、ビジネスクラスのお客さんたちが静かに睡眠を取っていらっしゃる時間帯に、私、ちょこっとエコノミー席、覗きに行ったんですよ。すると。

エコノミー席のブースは、人の熱気で暑い!さらに言えば、人の体臭がこもっている。そして乗客はほぼ全員、目をらんらんと輝かせ起きている。ゲームをしたり、映画を観たり、雑誌を読んだり。座席前のモニター画面が全員、違う!

座ったままじゃ、そうそう眠れないものなあ…。

できればこれからずっと、長旅の空の旅はビジネスクラスに乗りたいなあ、なあんて、贅沢を覚えてしまって、私、いいのかしら。

 

JAL-businessclass

(ダイナミックな空の上からの地球のパノラマ写真①)

JAL-businessclass

(ダイナミックな空の上からの地球のパノラマ写真②)

 

 

機内食

JALの国際線ビジネスクラスの機内食って、事前に予約できるんです。

JAL国際線 - 機内食事前予約サービス

一食めのみ、和食または洋食(牛肉)の2種類から選んで予約できる。

洋食で予約を入れておきました。

 

東京麻布十番「山田チカラ」山田チカラシェフ監修による献立です。

 

アミューズ・ブーシュ(西洋料理におけるいわゆる「突き出し」)

JAL-businessclass

胡麻豆腐 山葵のせ(黒木純シェフ監修)

嶽(だけ)キミのムースと生ハム ミモレット

どちらも舌ざわりが柔らかく、ほのかな滋味。ゴマ豆腐とくず粉とごま、ムースのクリームとチーズのうま味と生ハムの歯ごたえと塩味、2つの口中の風味ととろけぐあいの違いが楽しめる。

 

オードブルとパン

JAL-businessclass

キノコのマリネと豚のリエット

メゾンカイザー特製ブレッド プチアサス・かぼちゃのエクメック

バター・塩・胡椒添え

パンは温かい。黄色いエクメックは、きちんとかぼちゃの味と香りがします。

キノコの葉野菜も、外国ではまずお目にかかれないと覚悟は決まっている。

リエットとはフランス料理で、ぶた肉をゆでてほぐして塩味を付け、再び固めたもの。肉の脂、すなわちラードが冷えることによって成型できる。クセが少なく、上品なお味です。

 

メインディッシュ

JAL-businessclass

和牛サーロインステーキと青森カシスのソース

お空の上で本格サーロインステーキの最上級をいただけるなんて!焼き加減もちょうどよく、お肉も柔らかくてかつ大きい!カシスの酸味が食欲をそそる!

なお、機内では「十三湖しじみ、鱈、帆立とシャモロックのパエリア」との2種類からどちらか1つ、選ぶことができます。

また、ここで「彩り野菜のサラダ オリーブオイル添え」を追加することもできます。

 

デザート

JAL-businessclass

りんごのプリンとコーヒー

プリンの上に乗っているのがりんごのコンポートに砂糖をコーティング、薄くスライスしたものとミントの葉っぱ。

JAL-businessclass

プリンの甘味とりんごの酸味って、相性良いんだ。知らなかった。

 

【参考】和食メニュー

東京芝大門「くろぎ」黒木純シェフ監修による献立。

 先付

  • 胡麻豆腐 山葵のせ
  • 嶽(だけ)キミのムースと生ハム ミモレット(山田チカラシェフ監修)

 茜空(盛り合わせ)

  • 花れんこん・秋刀魚山椒・出汁巻玉子・小芋
  • 柿なます(胡麻クリーム)・いちょう紅葉
  • カリフラワーピューレ(鰹出汁の煮こごり)
  • 豚すき煮(人参、温度玉子、椎茸長葱、白滝)
  • 本鮪のお造りおろしポン酢

 台の物

  • 豚ロースのカツ玉〆
  • 太刀魚の竜田揚げ

「雪蔵今摺り米(ゆきぐらいまずりまい)」
  (新潟奥阿賀産コシヒカリ使用、機内で炊きたて)

 味噌汁・香の物

 甘味 最中

 緑茶

 

 

JAL-businessclass

(ダイナミックな空の上からの地球のパノラマ写真③)

JAL-businessclass

(ダイナミックな空の上からの地球のパノラマ写真④)

 

 

【参考】ANY T IME YOU WISH(その他のメニュー)

12時間あまりのフライトなので

「ANY T IME YOU WISH」といいまして、一食目のあと到着の1時間30分前まで、好きなメニューを注文できる。

空のお取り寄せ
 長崎県産 西のとろあなご 煮穴子丼

軽いお食事
 彩り野菜のサラダ オリーブオイル添え
 JAL厳選カレー
 生パスタ ポルチーニクリーム

麺類
 中華ちまきとご一緒にご用意いたします
 JAL特製『 Japanese Soba Noodles蔦』 醤油ラーメン
 〜トリュフオイルの豊かな香りをお楽しみください〜
 山菜うどん

サンドイッチ
 グリルチキンとキノコのサンド
 三元豚のカツサンド

チーズセレクション 各種チーズの盛り合わせ〜ワインと共に〜

リフレッシュメント
 フレッシュフルーツ
 ハーゲンダッツ アイスクリーム
  バニラ
  クッキー&クリーム
  ストロベリー

 

パリを拠点に活躍する料理プロデューサー、狐野扶実子さん監修による献立
フミコの和食
 台の物
 黒毛和牛の甘辛あん
 半熟卵のピクルス
 お椀
 あおさのり/椎茸/人参/柚子
 ご飯  柴漬け、大根、胡瓜


フミコの洋食
 メインディッシュ
 黒豚のブレゼ
 ポレンタ
 ぶどう
 メゾンカイザー特製ブレッド プチナチュール 紫芋のパン
 ※オリーブオイル、ジャム

 

洋定食
 デニッシュパンのフレンチトースト クロックムッシュスタイル
 メープルシロップ
 鴨スモークとパルミジャーノレッジャーノのサラダ
 ノルウェー産スモークサーモンの炙り
 フレッシュフルーツ
 ヨーグルト アカシアの蜂蜜添え

 

うつらうつらの仮眠からさめたあと

チーズの盛り合わせとフレッシュフルーツ

JAL-businessclass

フルーツは正直言って量が少ない気もするけれど。でも少量で1切れずつ、4種類。上品ですね。
チーズは3種類。それぞれに合わせ、ママレード、ナッツをカラメルで板状にしたもの、黒トリュフ・ラディッシュ・香草があしらわわれ、食べる人を飽きさせない仕掛けも申し分ない。

 

洋定食

JAL-businessclass

着陸が現地15時すぎなので現地時間のお昼の時間帯、着陸2~3時間前に洋定食。

  • デニッシュパンのフレンチトースト クロックムッシュスタイル
     甘味のついていないフレンチトーストにチーズがはさんである。
     メープルシロップをかけていただきます。
  • ソーセージは香辛料とハーブがきいており、肉の脂はあくまでもジューシー。
  • サラダはいろどりがキレイで味がしっかりついているけど、水っぽくない。
  • ヨーグルトはアカシア蜂蜜と一緒にフルーツにかけて。

トマトジュースとコーヒーでいただきました。かなりお腹、いっぱいです。

 

 

料理は、どれもさほど量は多くない。

吟味された筋目正しい材料で、温かいものは温かく、冷たいものは冷たいままで。

洗練のテーブルコーディネイトとスターシェフ監修のお味。

をプライベート空間で、まわりには誰もいないんだし~♪、と、時にはお行儀抜きで!? いただいちゃいました~! 

初体験! 大満足! みんな、とっても美味しかったです。

 

JAL-businessclass

(ダイナミックな空の上からの雲の写真①)

JAL-businessclass

(ダイナミックな空の上からの雲の写真②)

 

 

機内販売で購入したもの

SHISEIDOO シンクロスキン クッションコンパクトセット

JAL-businessclass

クッションファンデーションレフィル2個、ケース1個、免税限定品。8,500円

JAL-businessclass

機内販売冊子の商品紹介ページです。

 

ランコム グランディオーズ スマッジプルーフマスカラ 3本セット

JAL-businessclass

3本もいらないといえばいらないのですが。しかしお友達にお土産にする人もいるんだろうし、美容の達人はマスカラは1本1カ月で捨てろとおっしゃる。なら3か月分です。…私はマスカラがブラシにつかなくなるまで使わせていただきます。9,700円。

JAL-businessclass

 

ゲラン キスキス ローズリップデュオ 2本組

JAL-businessclass

濃い色の口紅だとハズレの時もてあますし。このくらい薄ければハズレはないだろう。(出発前に免税店で色選びしたかったけど時間が足りなかった)免税限定品。7,100円。

JAL-businessclass

 

一流ブランドのコスメカウンターはいつも混んでいるし。通販だとクリッククリックで選ぶまでに時間がかかる。見る目のある方が選んでくださったものにさっさと決めて、時間節約!

 

 

見えてきました。生まれて初めて目にするグレートブリテン島!

JAL-businessclass

人の住んでる場所とそうでない場所って、空からの景色、ぜんぜん違うんだなあ~。

JAL-businessclass

 

そろそろ着陸です。

 

 

ビジネスクラスの醍醐味・メリットとは

  • 個室感のある座席で全席通路アクセス
  • フルフラットベッドで目的地まで飛んでいける。疲れはほぼなし
  • エコノミーの食事は駅弁に毛がはえた感。ビジネスクラスの食事はお皿に盛られて高級感たっぷりに出てくるし、内容もより吟味されている。好きな時間にオーダーすることも可能。
  • アメニティが充実。持って帰れる。
  • ビジネスクラス専用の受付が設けられており、搭乗手続きがエコノミーより早く済む
  • 預けた荷物もエコノミーより優先で出てくる
  • ラウンジを使用可能。空港内での食事代やお茶代を気にしなくてよく、空港内レストランより空いていて並ばなくて良い

 

そしてエコノミーと変わらない点は

  • 入国手続き・出国手続き

ファーストクラスだと、優待があり、入出国の時、限られた人しか通れない優先レーンに通してもらえる。国や時間帯によっては長蛇の列に延々と立って並ばなければいけないところ、所要時間が普通客に比べて圧倒的に少なくてすむ。

JALのロンドン便のビジネスクラスには優先パスが付かず、私の入国審査待ちは1時間以上。でも、もっと待たされることもザラなんだそうな。

 

ともあれ、楽しかった!エネルギーを消耗せずに、楽しく快適に、ヒースロー空港に着陸することができました。

 

 

www.hitomi-shock.com