クレジットカードって何?のアナタに贈る初心者でもわかるカード払いのメリット7つとデメリット2つまとめ。

尊敬するはてなの神ブロガーのお一人、cardmicsさま。お得なクレジットカードの情報、カード社会を生き抜くためのスキル、暮らしに役立つマネー情報を丁寧にタイムリーにコンスタントに発信してくださる仏様のようなたたずまい。(たとえがちょっと変かしら。でも、仏像の仏様って光背しょってるし、カードミクスさまって、文字でのオーラ、お持ちです。)

 

日本人、保守的。クレジットカード、電子マネー、デビットカード、カードローン、上手に使いこなせは何かとお得。しかし「手数料取られちゃうから」と及び腰のお店も確かに存在する。手数料なんて小さいこと、言ってる場合じゃない!現代社会、カードの必要性を説かれたこの記事。

news.cardmics.com

 

僭越すぎますが、私たち消費者がクレジットカードを使うべき理由、メリットとデメリットをわかりやすく解説していきます。ま、カードミクスさまにも、この記事ありますが、

news.cardmics.com

 

さらにさらに超々初心者向け、情弱者向け、学生さん向け、新社会人向け、何が何でも現金払いで今まで生きてきた人向けです。

 

 

現金を持ち歩く手間が省ける

  • 銀行に行って3万おろして使って、手持ちの現金、いくら残ってたかな~を気にしながら使い、
  • 現金が少なくなったら銀行に行ってまた並ぶ。
  • 大きいお金を使うときには前もって銀行に行って現金をおろしてこなければいけない。

時間がもったいない。手間がもったいない。お財布の中を気にするやきもき感がもったいない。

クレジットカードを使えば、お支払いはいつでもどこでも、カードを提示するだけ。銀行のおおむねの預金残高さえ把握していれば、お財布の中のお金の有り高はたいして気にしなくて良い。物体としてのお金にかける手間が、クレジットカードを使えば、確実に減るのです。

絶体絶命の緊急時!運命の品物に出会えたショッピング!でも現金が足りない!のリスクが大幅どころかほとんどダウン。

 

コンビニで税込み98円のお買い物をする。お財布を除いてお札なり小銭の有無を確かめ、千円札なり500円玉なり100円玉なり50円10円5円1円を取り出す。店員さんはお金を数える。おつりをレシートとともに渡す。

ここでクレジットカードを使えば、自分がお金を数える手間と、店員さんが確かめる手間が省ける。…カード払いじゃお店に悪いな…。お店は手数料分、儲けが減っちゃうんだよな…。の心配は、御無用です。

お店はキャッシュレスのお支払いの方がありがたいんです。現金を管理する手間って、実は膨大。カード払い、大歓迎なんです。

 

コラム

  • そもそもクレジットカードの始まりは1950年。アメリカの実業家がお財布を忘れ、支払いに困ったことが始まり。現金を持たずに支払いができる。
    小切手に変わり、ダイナーズ、アメックス、VISA(の前身)、Master、とまたたく間に大衆消費社会を席巻。
    日本では1960年に日本ダイナーズクラブ(現三井住友)、1961年には日本クレジットビューロー(現JCB)設立。その語の栄耀栄華、発展、サービスの多様化は皆さまもご存知のとおり。
  • 年齢の数だけ1万円札(それもキレイな)をお財布に入れておくと金運がアップする。と聞いたことがある。80才なら80万。はまあ、非現実的ですけど。さもありなん。○○万円がポケットに、バッグの中にあるとの充実感は、必ずや心の奥底を豊かにする。やらないけど。

 

 

遠く離れた場所、見知らぬ売り主へのお支払いがスムーズ

実店舗での支払いは目の前で現金なりクレジットカードを出せばよい。で、自分の足で、公共交通機関で、車で行けない場所でお支払いをするには?

銀行振込という手もありますね。でも、銀行に出向かなければなりません。振込手数料がかかります。

ネットショッピングなんか最たるものでしょう。お買い物は世界中が選択肢。

自分の目で実際に見て触って選ぶのが一番確実に決まっています。でもおのずから限りあり。触って確かめることかないませんが、かわりに商品説明をよく読めばよい。それでもわからないなら検索すればよい。値段も比べられる、スペックも比較できる。近くのお店と、遠くのお店と、海の向こうにあるお店を自分のスマホから、タブレットから、PCから選び、クレジットカードでお支払いができる。重い荷物も気の張るお品物も自分の家の玄関先まで運ばれてくる。

売ってるお店が信用のおけるお店か。良い品をちゃんと売ってくださるのか。お店だってお客を値踏みします。まともな相手か。耳を揃えて遅れずきちんと払ってくれるのか。売り主と買い主、前もっての審査はクレジットカード会社が済ませてくれている。

安心して見知らぬ相手に確実にお支払いができる。

 

creditcard2

お金を使えば使うほど戻ってくるお金が増える仕組み

切手を買う。煙草を買う。クレジットカードで購入すれば、割引で買えます。*1普段は絶対正価でしか買えませんが。社員割引ならぬカード割引。ポイントがつくではありませんか。

クレジットカード会社は、集金の手間賃と保証料として加盟店から手数料を取る。一部はカード利用者に利用額に応じて還元される。これが、ポイント。200円で1ポイント=1円、還元率0.5%が標準。年会費無料のクレジットカードはおおむね0.5%の還元率ですが、カードのステイタス(=年会費)が上がれば、1%を超えてきます。還元率の高いカードは、やっぱり人気。

カードを新しく作ると入会キャンペーンで〇万円使うと〇千ポイント進呈!または提携ショップでのお買い物ならポイント2倍!リボルビング払いならポイント2倍!(毎月の支払額はその都度設定できる。で、利息は1円払っても2倍。1万円払っても2倍。同じ。ここを利用し、月の支払額を利息が発生するすれすれに抑えることでわずかな利息をお支払いする引き換えに2倍のポイントを頂戴することができる)で割引額は積みあがる。

電気ガス水道、家賃スマホに食費に交際費、お金は否応なく出ていく。クレジット払いで手数料を取られないことを確認の上、同じお金なら絶対、クレジットカード払い。1月10万、1年120万、10年1,200万。の0.5%。6万ですよ。クレジットカードを使わない人生、ざっと100万円以上、損してしまう。と見ました。

 

 

後払いなのに金利なし。振込手数料なし。

毎月5日締め、翌月15日払いのクレジットカードだったとします。当月6日にカードを使えば、口座の引き落としは翌月15日。実に40日近く、お金は自分の口座にあり、利息を稼いでくれる。

今はお金がなくても、次の引き落とし日に支払える見込みが立つなら、すみません、お金貸してください。と肩身の狭い思いをしいしい、金策せずとも。胸張ってお金を後払いすることができる。入会前に審査済みなので、フリーパス。手間なし。手数料なし。金利なし。

世の中、お金を後払いするのは、借りるのは、本来、はなはだめんどくさいはずだ。なのに、クレジットカード会社さんは、私たちカード保有者を信用し、お金を立て替えてくださる。ありがたい。

 

サービスが豊富すぎる。

思わずうなってしまったのがアメックス会員限定の、このセミナー。

第69回正倉院展 特別セミナーと鑑賞会

正倉院展 特別セミナーと鑑賞会。 アメックスのクレジットカードさえ持っていれば。そして参加費5,400円をアメックスカードで支払えば。シルクロードの東の果ての日本に奇跡的に守り伝えられてきたお宝にまつわるお話を奈良国立博物館の偉い学芸員の先生から聞くことができ、前売り券を買わずに、長蛇の入場待ちの行列に並ぶことなく奈良国立博物館に優先入場できる。

見る人が見れば、ふるいつきたくなるようなサービスなのです。お金でそうそう買えない体験。激レア&コアなスペシャルイベント。こんなクレジットカードの特典があったなんて!

私なんか、この催しに胸キュンキュンでした。 ほかには

 

www.americanexpress.com

 

www.americanexpress.com

 

www.americanexpress.com

 

www.americanexpress.com

 

www.americanexpress.com

 

www.americanexpress.com

 

などなど。どの体験もアメックスカードのブランドイメージにふさわしい、選ばれし者感が漂うイベントです。

普通、クレジットカードの特典と言えばポイント交換。鍋セットとグルメセット、どっちを選ぼうかな~。商品券にはちと足りない。。。くらいが関の山かと思ってたら、とんでもない!

  • カードを持っているだけで傷害保険や損害保険やショッピング保険が付いたりする。自分でいちいち加入しなくてよい。
  • エンタメのチケットも優先枠で取れそう。
  • マイルを貯めて国内線・国際線の飛行機に乗れる
  • 空港ではラウンジを使えたり
  • 海外旅行の時は手荷物を運んでもらえたり
  • コートを預かってもらえたり
  • 現地につけば現地にカード会社のトラベルプラザがあったりする。
  • 提携ショップでのポイント2倍・3倍、提示で〇%引き…も利用しやすいサービスの一つ。
  • 保険の優待もある。
  • テーマパークの優待もある。
  • 家族会員の会費優待。
  • ローンの優待。
  • 人間ドックサービス
  • 結婚式の優待。
  • お葬式の優待。

とまさにあらゆるライフステージに。ゆりかごから墓場まで。ポイントに加えて、割引に加えて、使えるシーンは必ずある!

 

身分証明代わりになる。特に外国。

日本ではその気になればクレジットカードなしでも生きていける。(←しつこいですが、勿体なさすぎます。)しかし、海外では、外国では。

「クレジットカードを持っている人=確かに支払ってくれるとカード会社が判断した人、クレジットカードを持っていない人=クレジットカードを作らせてもらえない人。支払いを踏み倒されるかもしれない人」との価値観は根強い。

つまり、ホテルならカード持っていないと多額の保証金を積まなければならない。あり得る。レンタカーを借りられない。ありうる。

実際、海外で多額のキャッシュなど、持ち歩きたくない。余計なリスクは避けるべき。出国の際は念のため、VISAかMasterのカードを複数持ちましょう。(海外ではJCBが使えないことが日本より多い。カードの不具合があった時に備えて予備のカードがあるといざという時困らない)

 

 

どうしてもお金を借りたい時に役立つ

まず、クレジットカードのキャッシング枠。当座の資金に困った時に役に立つ。(ただし申し込みが必要。カードを作る時に申請できる)(ただし無担保でお金を貸していただけるのですから金利は高め)

次にどうしてもお金を借りたい。一世一代の住宅ローンの申し込みなり車のローンの申し込み。事前審査がある。

長年クレジットカードを使い続け、つつがなくお支払いをしてきたクレジット・ヒストリーは、優秀顧客の印。審査のプラス材料となるのです。割引でお買い物をし、現金を持ち歩く手間を省き、ツケ払いしながら、自分自身のポイントも加算される。

 

クレジットカード、使いたくない。目の前のお金しか信じない!?堅実だし、大きく外すこともなく、ももちろん良いのですけど、どう見たって特典割引ガッツリ獲得し、時代に迎合し、クレジットカードを使いこなす工夫をした方がお得です。

 

クレジットカード、作ってはみたけど、いらないな~と思ったら、解約はカードの裏に書いてある連絡先に電話するだけ。オペレーターさんが出てきて「なぜ解約されるんですか?」と根掘り葉掘り聞かれるのも覚悟していたのに、あっさり音声案内だけで済んでしまったこともあった。

ただし、ついたポイントは使い切ってから解約を。各種料金の引き落としに使っていたなら手続きを忘れずに!

 

 

反面、気をつけなくてはいけないのは使いすぎと個人情報の流出

お金の知識や、最低限のマネーリテラシー(借りたお金を返さない、とか)のない人には。やっぱりクレジットカードはおすすめできない。ある程度、普通の社会人レベルでの金銭感覚は必要。

お財布の中や銀行の口座にお金がなくても欲しいものが手に入るのがクレジットカードの醍醐味ではあるけれど。自分が支払える額の範囲を見通し、自分の収入額に応じた利用を心がけるモラルは必要。

クレジットカードを提示することは、便利お得と引き換えに自分の個人情報・資産状況・利用状況を晒す一面のあることは否定できない。この意味、クレジットカードは使いたくないと毛嫌いする人の気持ちもわからないではない。

しかし便利お得と個人情報漏洩のリスクをハカリにかければ、お得感は圧倒的。スキミング被害に合わぬよう、暗証番号を打ち込む時は回りの目を確かめて。毎月の利用明細が届いたらすぐさま目を通して身に覚えのない請求がないかを確認し、不審な利用があったらすぐさまカード会社に連絡すればよいだけ。

使ってないお金なら、返済の必要はありません。損害を負担するのは利用したお店側です。

 

キャッシュバックならぬメリットバックは補って余りありすぎです!

 

 

 

www.hitomi-shock.com

 

 

www.hitomi-shock.com

 

 

www.hitomi-shock.com

 

*1:煙草は普通にクレジットカード使えますね。切手は、日本郵便のネットショップでクレジットカードが使える。nanacoカードにクレジットカードでチャージすれば買える。ファミリーマートでファミマTカードを使えば買える。