格安SIM(楽天モバイル)に決めるまでと乗換えまで、情弱の私が機種変更から10日、感想など書いてみる。

携帯電話などいらなかったのですが、携帯が普及し始め、職場での私用電話が肩身狭くなり、しぶしぶDocomoの携帯(のちスマホ)にしました。巷にあふれるauやsoftbankに乗り換えればお得!のキャンペーンにも見向きもしない、真面目なDocomoユーザーでした。もう四捨五入で20年くらい。

 

はっきり言い切ってしまいましょう。スマホは家族親戚知人と緊急の時に緊急の連絡をとるためのものです。余計な機能はいりません。機能はないよりあった方がもちろん良い。でも、お財布の中身と相談せねば。分相応に生きていきたいわ~。

と巷にあふれる格安SIMのニュースやら「変えました!」のブログを読みふけり、格安SIM・格安スマホに変えたなら

Docomonならなんだかんだで月8,000円→格安SIM or スマホなら月3,000円 :plain

 変えない手はない。

 

格安スマホ・格安SIMとは何か

お安くつく分、自分でやることがある

大手キャリアなら、わからないことがあったら携帯ショップに駆け込めばよい。大手キャリアの料金の何割かは、絶対に手厚いサポートです。いざというとき助けてくれる、すがる拠り所がある。情弱の人間にとって、これほどありがたい話はないのです。格安スマホ・格安SIMは、そもそも店舗が少ない。あまつさえ、値段に目がくらみ、郵送・配達など指定しようものなら、自分で設定しなければならないらしい。うまく繋がらない、不具合だ、と半べそかきながらサポートセンターに電話したり、スマホ片手に必死でPC検索…を覚悟するべきなのです。好きな人、詳しい人なら、難なくこなせるのでしょうが、…自信がない。しかし論より証拠、習うより慣れろ。おっかなびっくりちいちゃいSIMカードを差し込んで…、説明書とにらめっこしながら頑張ってみました。のレポももちろんあり。

繋がりにくい時もあるかもしれませんとあらかじめ念押しされている

格安スマホは大手キャリアから電波帯を貸してもらってる。だから回線の優先度は大手が先。お昼休みの時間帯あたりは、繋がりにくい、そういうものなんですよ。と初めに説明がある。大手なら、「繋がらないじゃないですか~。対応してください。」と強く出ることができる。一方、格安スマホは、不便さを耐え忍ばなければナランのです。しかし、さんざん脅かされた割には!?けっこうサクサクじゃん~。の声が多いことも確か。格安スマホ各社の電波事情と、自分のいまいる場所と時間帯、使っている端末その他との相性も関係してくる。そもそも、大容量のダウンロードならWi-Fiスポットに行けばよいのだし。起こらない方がいいに決まってる東日本大震災並みの天災などやってきた日には、…、でもコレ大手も混乱、ありましたよね。

 

楽天モバイルに決めるまで

格安スマホに乗り換えよう。そして私は情弱・田舎住・女の三重苦持ち。各社のPRページを渡り歩き、さていったい、どこに申し込めばいいのでしょう。

まず通信料。通話はほぼ要らないような。年単位なら月10分なんかいかないのでは。しかしいざという時、通話ができないのは困る。動画はPCで見ます。(目が疲れるんだもん)SNS、やってません。スマホゲーム、やったことありません。通信料は月1GBも使わないと見た。

近所の量販店に取り扱いかあるらしい。スマホ会社のHPで確かめ、量販店HPに飛べば。…お取り寄せはいたしますと書いてある。そ、それでは困るのです。スマホ代を安くあげたい。しかし設定はお店の人にやってほしいのです。端末をどこからか購入し、カードだけ格安スマホ屋さんで買えば安くつくことくらいはわかります。しかし規格が合うとか合わないとかで苦労したくないのです。今の携帯、2年以上使ってるし、この際、一緒に新しくしよう。

値段的には

  • TONEモバイル…TSUTAYAのスマホ。月1,000円で使えるとの触れ込みですが、音声電話つけたり(090からはじまるDocomoで使ってた番号をそのまま使う)すると別料金。そして使える端末は1つ。決まっている!
  • UQモバイル…繋がりやすさではここが一番のおすすめらしい。しかし近くに店舗がない。そして2Gからしかプランがない。お得なキャンペーン期間が終わると(12月)料金が1,000円アップ。
  • J:COM…0.5Gプランはあるのですが。圏外です…。

結局店頭申込ができてその日のうちに新格安スマホを持ち帰れる

  • イオンモバイル
  • 楽天モバイル

どちらかにしよう。近所のイオンは当日手渡対象外ですが行ってみた。パンフレット渡されて「申し込まれる場合はご自身で。設定もご自身でお願いします。もちろん、サポート(別料金で電話サポートが受けられる)します。」との答え。

月々の料金はイオンモバイルの方が安いのですが、選べる端末は楽天の方が多いんです。そして楽天モバイル、今「真冬のお得キャンペーン」やってて、端末大幅値引き。(機種によっては3ケタで端末が買える)そして東京とか行ったついでに楽天モバイル店で面倒を見てもらいやすいだろう…。楽天モバイルに決めよう。

 

格安スマホの申込手続き

 キャリアでMNP番号をもらう。

Docomoショップに行き(オンラインでも電話でも手続きできるが私は情弱)、すんなり番号、いただけました。強く引き留められるのかと内心怯えていたのですが。もらった紙を手に、いざ楽天モバイル店へGo!

 

楽天モバイル店でお手続き

ただ端末を眺めているだけでは店員さんは声をかけてくれない。番号を取り、乗り換えの意志を伝えると「端末にご希望は?」と聞かれ、特にありません(よく知らないし)と答えると、最安値、

 

 ZTE BLADE E01

 576円。ごひゃくななじゅうろく円。を勧められた。

…もう1つ上はないんでしょうか。とお伺いを立てる。

ZenFone™ Go

 780円。ななひゃくはちじゅう円。どこが違うんでしょう。との問いには

「…バッテリーが大容量です」とのお答だったのでこちらに決めました。

あわせてカバーと

保護フィルムも。

「こちらでフィルムお貼りしますので」とのお言葉。涙が出るほどうれしかったりします。はるばるショップまで出かけて事務手数料(3,394円)をお支払いする価値があるというものです。

 

書類を書き、待つこと30分、開通です。

5.5インチの大画面が助かる~。(細かい文字がツライお年頃なんですの♪)ショップで電源の入れ方、マナーモードの設定の仕方、音量調節、住所録の移行の仕方、SDカードの入れ方を聞き出す。契約の時には「基本端末操作は各メーカーのHP見て自分でやってください」と書いてある紙を渡されるのですが、こちらも切羽詰まっている。食い下がらずにいられない。そしてお店の方も目の前のお客にジャケンな対応もできない。「わかることでしたら」ときちんと教えてくださいました。

 

楽天モバイル 申込内容

ベーシックプラン 月1,250円

もっと早い通信速度が使える3.1GBからのプランも勧められたのですが、ベーシックプランの通信速度(200kbs)に耐えられないならあとで自分でコース変更しますから、と言い張ってとりあえず様子見。

そして

  • 楽天電話5分間かけ放題by楽天モバイル* 850円
  • 端末保証                500円
  • 楽天モバイルWi-fi*           362円
  • データ復旧、マルチアクセスパック*   500円

*印のついているのは2カ月無料。なのではずしたいならご自身でメンバーズステーションにログインしてお手続きをお願いします、とのことでした。

 

 

使ってみての感想

通信速度について

確かにお昼休み、メールチェックをすると、Docomoならサクサク進んだ画面が、進まない…。待てば繋がりますけどね。夕方なら繋がります。永らく有線LANのみだった我が家では最近やっとルーターを導入し、Wi-fi環境を整えたので

家ではサクサク、アプリ更新は真夜中に済ませてしまう。不便は特に感じない。そして楽天モバイルのGBプランは繰り越せるので、月1GBいらない私は、3カ月に1回申し込んで翌月解約、のセンもありかも。

 

楽天モバイルのキャリアメールが使える

@rakuten.jpのメールアドレスが使えます。無料。ただし申し込んで何時間か待たないとメールアドレスの設定ができないことに注意。そしてこのキャリア名、マイナーです。大手携帯を使っている人相手にはこのメルアドは、メールは貰えても先方の設定によってははじかれて届かないケースもあるので、確認を。

 

まとめ

格安スマホ・格安SIMは、大手キャリアのように至れりつくせり、かゆい所に手が届く…とはまいりません。でも、ちょっと自分で動いてみれば、情報はネットに落ちている。で、同じに使って料金は大幅ダウン☆彡

がんばってみる価値はありそうです。
しばらく使ってみて、気づいたこととかありましたら、またレビューしますね。

 

■後日談です。

 

www.hitomi-shock.com

 

■こちらも是非。

 

www.hitomi-shock.com

 

 

www.hitomi-shock.com