【陸マイラー】特典航空券の取りやすい、とりにくい日。狙い目の日。初参戦の下準備。

東京ーロンドン往復ビジネスクラス搭乗を目指し、

f:id:hitomi-shock:20170717180102j:plain

By Sergey Kustov [CC BY-SA 3.0, CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

 

 

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ちょびリッチ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ポイントインカム

PointIncome

ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ドットマネー

ドットマネー

げん玉

PONEY

PONEY|誰にでも簡単に貯められる。やさしいポイントサイト。

Get Money

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

Pex

ポイント交換のPeX

i2iポイント

i2iポイントサイトへのご招待です♪

ワラウ

ワラウ - 遊べるポイントサイト

 

毎日ヘロヘロになりながらも(手間も時間もかかります)ポイントサイトのクリックやらお得な案件チェックに余念のないJALの陸マイラーの私。

手持ちのマイルと獲得ポイントと獲得見込みポイントをちまちま数え、まあ、貯まっているわ^^、とウットリ眺めるのが至福の喜びだったりする。

しかし、マイルは貯めるより使う方が難しい。どうしようもない過酷な事実が目の前に立ちはだかっているのです。

 

f:id:hitomi-shock:20170717212000j:plain

 

マイルは貯めるより使う方が難しい

特典航空券の枠はそもそも少なく(航空会社だってお金払って乗るお客さんの方がいいに決まってる)噂、憶測の域をでないもののせいぜい各便エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネス、ファーストクラス各々1~2席程度。父母祖父母お子さま揃っての日本ーホノルル往復なんて、いや片道ですら、ほぼ絶望的。ハイシーズンともなればチケット争奪戦は限りなく激しい。

そしてJRなんかとの大きな違い。 航空会社はお得意さまを優待する。ヒラのお客、一見のお客が「ココのチケット欲しい」と並んでいても、ダイヤモンドやらルビーやらエメラルドやら、日頃の行いならぬ飛行機の搭乗状況に応じてランクが決まり、優待会員はヒラのお客を飛び越して、いともたやすく目指す搭乗券を手にしてしまう。

ヤフー知恵袋やらOKWAVEだの読みあさり、 「(特典航空券の)取りやすい路線を選べ」「席の空いている日に自分の日程を合わせろ」ごもっとも。

しかしいくら空いているからって極寒の季節に北国に旅立つ気持ちにはなれないし、年度末や年度始めに休みは取りにくい。

 

f:id:hitomi-shock:20170717212027j:plain

 

特典航空券はいつ予約すべきか

そして、特典航空券はいつ予約すべきか。予約開始日です。搭乗日の330日前です。達人は口を揃えてそうおっしゃられる。予定が立たないって?!予定を入れなければよろしい。330日前に獲得した航空券を虎の子のごとく胸に抱き、死守して330日後に機上の人となるのです。陸マイラーにとってはコレ、常識。

JALのサイトには予約開始日を教えてくれるページすら存在していたりする。

JAL国際線 - 330日前計算

そして

予約の開始時刻10時になると同時にパソコンを操作する または

前もって9時30~40分くらいにJALのコールセンターに電話して、注意事項をお伺いしたり質問して時間を稼ぎ、10時になると同時にオペレーターさんの操作に自らの運命を委ねる(この場合手数料が2,160円かかる)。

そして航空会社のステイタス会員の方が優先だから、その日その便、上ランク会員さんの予約があれば、戦わずして勝負は終わり。その日開放枠はゼロ。負け戦です。

…初参戦を前にして、心の折れることはなはだしすぎ。

しかし。タダで外国行けるのです。(正確には航空運賃のほかに諸経費や空港使用料はかかるのでまるっきりタダではない。)争奪戦に敗れたらそれもよし。330日前に特典航空券が取れないのなら別ルート・別の日程でチケット押さえればいいだけ。

と心を決め、旅行の日程を決め。予約開始日の午前中は有給休暇を取ろう。と330日前の予定を確認してみたところ。

3日連続の最重要の絶対抜けられない出張日の2日めだった。

…旅行の日程変えようかしら。と来年のカレンダーと予約開始日の一覧表を作り、己の予定と来年のカレンダーを代わる代わる穴があくほど眺め続け。 決めた。

 

f:id:hitomi-shock:20170717212056j:plain

 

特典航空券の取りやすい日・取りにくい日

人に頼もう。 勿論、タダとはまいりませんが。 そして、動いてはくださるものの、確保は約束できません。取れても取れなくても謝礼は申し受けます。との条件つきですけどね。

こちらの希望をまず申し述べたところ、

この日はチャンスはある。 (予約開始日と搭乗予定日が平日

この日は狙い目。 (搭乗予定日が週末にかぶらない日とか連休の谷間の平日

この日はおそらく無理。 (予約開始日及び搭乗予定日が週末及び祝日

と前もって教えていただき、予備知識のない私はどれほどありがたかったことか。

つつしんでアドバイスに従い、搭乗日を見直し、今、特典航空券って片道ずつ取れるんですよ。(往復の航空券をまず押さえ、その後予約を変更する裏技が広く知れ渡ってしまい、収拾つかなくなってしまったと推察)

第1~第3希望の行き。そし行きの特典航空券が確保できた・できないにあわせた帰りの便。我ながらめんどくさ過ぎかつめまぐるしい。こんな流動的すぎる日程で有給を取るなんて、無理です。絶対!受けてくださった方には足を向けて寝られない。後光が差して見えるというのはまさにこのことです。

勿論、個人情報(住所・氏名・性別・生年月日等、カード番号とか航空会社のWebパスワード)は隠さず包み隠さず先様にお渡ししなければならない。抵抗がないと言ったら嘘になるのですが。

しかし背に腹は変えられないのです。

先様に手持ちのマイルを見せたところ、

「かなり足りてないのですが。間に合います?」と真顔で聞かれてしまった。肝心なトコが抜けていた私。自分では気がつかなかった盲点のアドバイスもいただけるきめ細やかなお心づかい。ますます頭が上がらない。 (予約開始日は実はまだまだ先の話。慌てて皮算用をやり直す。) いざとなったらヤフオクでJALマイル落札しよう。1マイル3~4円くらい。そしてマイルが加算されるまでに2カ月くらいかかるんだとか。早め早めに動いて決戦日(予約開始日)を準備万端で迎えたい。

 

f:id:hitomi-shock:20170717212123j:plain

 

格安スマホは陸マイラーには致命的に不利

アプリの月額50,000円、ポイントも50000、なんて有料サービス(動画とかマンガとか)とか使えばあっという間にマイルは積み上がるのですが、この手は大手キャリアでしか使えない。格安スマホだとアプリに申し込みはできても、キャリア決済じゃないとポイントにならないんですよ。乗り換えは今年の1月。

 

www.hitomi-shock.com

 

つくづく乗り換えが悔やまれる。ハンデは大きすぎ、ため息つきつき「再登録OK」「100%還元」のアプリ案件を指をくわえて眺めているしかない。まいったなあ。

 

f:id:hitomi-shock:20170717212348j:plain

 

次の次の特典航空券獲得に向けて

  • ANAマイルも視野に入れる(ポイントサイトのマイル交換レートはJAL5割、ANA9割で圧倒的にANAが有利)
  • 旅行のハイシーズンとローシーズンを見極める目を養い、無理のない旅行計画及び特典航空券獲得に努める(次は自分の手で特典航空券を獲得したい)
  • dokomo、au、SoftBankの格安プランへの乗換を検討する。ただし、今出回っている価格水準ではとてもじゃないけど手を出す気になれない(大手キャリアは7~8,000円、格安スマホなら3~4,000円)。もっともっと下がっていただかなくては。新プランが出たらすかさずチェックしなくては!

 

f:id:hitomi-shock:20170717212150j:plain

【朗報】日本-ロンドン便増便!

 2017年10月29日から羽田ーロンドン線が増便になるのです。ということは。特典航空券の枠も、倍増!って考えていいのかしら。もっとも増便になる飛行機は

 

羽田発2時45分   ロンドン着6時25分

ロンドン発9時30分 羽田発6時25分

 

となかなか激しい。

夜中の2時に搭乗では、折角ビジネスクラスに乗れたとしても眠くてやっていられない気が…。そしてロンドン。9時半発の飛行機なら7時くらいに空港に着かないと安心できない。

でも代わりに、到着日はロンドンでも日本でも、1日を有効に使える。乗り継ぎしやすいから、ロンドンで乗り継いで別の目的地に向かう人にはメリットは大きい。

羽田では期間限定ながら

天然温泉 平和島

www.heiwajima-onsen.jp

 送迎付き無料。

そしてエコノミー席でも23時半以降、一部フロアは使えないなどと制限つきながら、ラウンジを利用できるとの特典付き。

 

私の乗る(←乗れると決めているところがコワイ;)その日まで続くのかしら。ライバルは少ないに越したことはない…。といちいち心は千々乱れるのです。