ジムの水素水の飲み放題に申し込んできた。コスパに納得。ボトルを買い増し。

 近く(車で5~10分)にJOYFITがあり、清水の舞台から飛び降りたつもりで入会してはや2年以上になります。 全然痩せませんが(確実に太りました)、血圧が下がりました。

f:id:hitomi-shock:20180704053652p:plain

 

 

 

水素水が月1,000円(税抜)で飲み放題

今年の春より、スタジオが朝6時オープンとなり、いつもは混雑のマシンも空いてるから行こうかな、と中に入り、時間も限られていることだし、と軽くトレーニングを終わらせ、更衣室に戻ると、かわいいスタッフさんから「瞳さん、今、水素水のお試しキャンペーンやってるんですよ。3ヶ月無料になります。いかがですか。」とのお声かけを頂戴してしまった。 (私の名前を呼んだのにまず驚いた。ジムでは人とつるまず、自分のペースで運動だけして帰るスタイル。ま、出入りでICカードをかざすし、早朝のジムに女は2人。名前を呼ばれてもやむを得ない)

最初にJOYFITに入会した時にも同じ2ヶ月無料の水素水キャンペーンをやっていたですが、断った。(会費がプラス1,000円(税別)上乗せになるのがネック、申し込んだはいいが解約は自分でやらねばならないのがめんどくさかった)

今回は、ロッカールームでスタッフさんと2人の時の自然な声かけ。絶妙のタイミングで、スタッフさん、マニュアルか何かあるのかしら。

解約方法だけしつこく確認し、

  • 解約する前の月の1日から30日までの間にカウンターに行って手続きする
  • 忘れると翌月、料金がかかってしまう

ことを確認してから、申込書にサインをしました。

 

水素水を定期的に飲める環境になったのは初めてです。

今のところのペースは週に2~3回、ジム滞在時間は着替えとシャワーも含めて1時間程度、

  • 本日のメニューを終えたあと水素水サーバーから出来たての水素水が500ml出てくるので持参のプロテインスティックとともに一気飲み
  • シャワーと着替えが終わってから、帰り際にもう1度、水素水サーバーから500ml水素水を取り、車中で家に戻るまでに飲み干してしまう。

1,000mlくらい、軽く飲み干せてしまうところが我ながらスゴイ。

もともと水素水に特別興味はないが、「藤原紀香さんが御愛用している」くらいの知識は持っているレベル。(しかし最近酸素水をのんでいらっしゃるとの情報もある)

 

 

水素水を飲んでみての感想

ジム側はすでにモトは取った

無料キャンペーンの特典として、持ち歩いても水素が抜けないアルミボトルを1本プレゼントされ、せっかくだからとお持ち帰り用に1本、追加のアルミボトルを購入してしまった。税込み1,000円。JOYFIT側としては、無料キャンペーンをエサに!?売上は+1,000円。モトは既にとった気がする。(JOYFITの水素水サーバーは、水道水に水素を加えてサーバーから給水するスタイルで、サーバーは「ノンリスクで収益アップ! 」のキャッチフレーズのフィットネス業界導入実績No.1のガウラ)

 

水素水の味

今まで、エステティックサロンなどで2~3度、コップ1杯の水素水をいただいたことはあります。

正直、そのときも「さすがに水道水とは味は違うことくらいはわかるが売っているミネラルウォーターとの違いはさっぱりわからない。」レベル。

今回の水素水もクセがなく、すっきり飲める、一見ウォーターサーバーから出てくる普通の水、素人目には見分けはつかない。

味はまろやかでおいしい。ヴォルビックを少し飲み応えのある固さにしたかんじ。

とがった風味があるとかではなく、一気にすーっと飲めるため、おいしい水ではあることは認めるが、その上の感想となると特に突き刺さってくるものがない。

温度も人が飲んで気持ちよい温度に設定されている。

その場でおいしくいただけ、あとで胃腸をこわしたりとかはもちろん一切なし。

  • トレーニング後の水分補給に、冷水機の備え付けはもちろんあります。冷水機の水なら0円です。タダ。お金かからない。
  • の一方、ペットボトルのミネラルウォーターやアルミパウチの水素水をその都度買うのも、持ち込むのも手間とコストはかかるのだし、備え付けの水素水サーバーからその都度出来たての水素水が飲める。1,000円で。
    水素水サーバーを自宅に置けば、絶対1,000円なんかじゃ済まない。抜群のコストパフォーマンス。得がたいチャンス。

自分のスタンスはどちらなのか。ですね。

 

水素水を持ち歩く容器

飲み放題なんだし、買えば1本2~300円する水素水、家に持って帰ろう!コレ、人間として当たり前の心理。水素水は作りたてならともかく、普通に放置すると水素が抜けていく。

 

ペットボトル 

元手タダだけど持って帰った水素水の水素はまる1日たつとほぼ水素は抜けてしまう。

 

 ステンレスの水筒

夏場など、冷たい水素水が冷たいままで保管できるから便利。しかし水筒の内部(上部)に空気が入っていると水素水の水素は徐々に抜けていく。ペットボトルよりははるかにマシだけど。しかしさらにステンレスを通しても水素は徐々に抜けていく。 さらに、お手持ちの水筒のキャップの密閉性(フタを回して開けるのか金具でゴムパッキンをきっちり止めるタイプなのか)により違いはあるものの、やはり水素は抜けていく。

 

アルミボトル

ジムからもらったアルミボトル。 軽いし、ステンレスボトルより安価。さらにステンレスよりアルミの方が水素が抜けにくい。なのでジムで配っている。

欠点としては、同じく水筒の上部に空気があれば、またキャップの閉め方によっては、水素は抜けていく。 また、ジムではサーバーの水素水を原則その場で飲むことを想定してのアルミボトル。保温性はない。夏場などボトル内の冷たい水素水を入れるとあっという間に外側にびっしり水滴がつきます。さらに水素水をアルミボトルに入れっぱなしにしたままだと無味無臭の水素水のはずががアルミ臭さが鼻・舌につくこともあり得る。

 

アルミのパウチ

空気が入らないように水素水を詰め、ちびちび飲んでも中に空気が入らない仕組み。水素を逃がさない。入手は通販が便利。けっこう高価。

 

水素発生スティック

容器ではありませんが。コスパ抜群ですね!少量から水素水が作れる。サーバー家に置くより、現実的かも。

 

 

水素水には効果はあるのか

  • サーバーを置いていたエステティックサロンのオーナーさまに「水素水、効果ありますか」と聞いてみたところ、
  • 「一時マシンが壊れて水素水が飲めなかった時期があった。水素水を飲まない時期は、水素水を飲んでいた時期と、疲れ方が明らかに違った。私は良いと思います。」
    とのお答えでした。
  • 水素水で癌が治る、生活習慣病が治る、ダイエットに効く、をうのみにするほど目は曇っていない(つもり)。「○○に効くのか」と聞かれれば「わからない」または「正直微妙」が現在の正直なトコ。薬じゃない。
  • ただし、お酒やたばこや薬みたいな「副作用」は聞いたことがない。「水素水は飲んでも飲まなくても同じです」の論調はよく見かけますが、「水素水は健康に害を及ぼしますから飲まないでください」はない。つまり効果は半信半疑。嗜好品。
  • 水分取るなら水か水素水か麦茶かジュースかって話。 水の味には文句ない。
    そして水分は努めて摂るべきです。西城秀樹さんの例もありますからねえ。(ボディを絞るために水分を摂らずにサウナに入る、を繰り返したことが脳梗塞の引き金となった)。常に体内デトックスを心がけ、老廃物を体の外に出す。水分が足りないとお肌も乾燥してくる。おいしいお水をいつでもいただける。に多少の出費をしても良い気がしてくる。
  • ジムに行き、水素水を1リットル(500ミリリットル×2回))一気飲みして家路に着く。急に肌が輝きだす訳ではない。急に気分が良くなる訳ではない。夜よく眠れた、ような気もする。でも、ジムでトレーニングすれば疲れるし。水素水飲んだせいではないのかもしれない。便秘が治ったこともある。でも、水素水飲んだからなのか、って聞かれると、その夜の食事か前日からの体調か。うーん、わからない。

 

 

効果は長い目で

とりあえず解約せずに続けてみようかと。

水素水、悪いって話や噂は聞かないし、 メーカーさんには悪い気もしますが言葉は悪いが当たるも八卦当たらぬも八卦。 続けられる環境が手に入ったのだから。

コツコツ細く長く続けてみて、信じる者は救われるって結果が出たら、うれしいな。 の境地でいきます。

とりあえずアルミパウチの容器買おう。 初期投資初期投資。