ネスカフェアンバサダーのコーヒーマシンを個人でレンタル。使い方と感想・口コミです。

バンバンCM打ってるネスカフェアンバサダー。私は家ではインスタントコーヒー派。手軽に飲めて温度と濃さと量を自分で調節しやすい。

しかし、

  • マシンレンタル料が不要。タダ。無料。
  • 消耗品(コーヒーカプセル)を3回以上配送してもらえば解約可能。

だったので、物は試し。レンタルしてみました。

nescafe-ambassador

 

 

 

ネスカフェアンバサダーのマシンの種類は

ネスカフェアンバサダーって、たくさんのマシンの種類があるんですね。

大きく分けて5種類。

 

ゴールドブレンド バリスタ

ネスカフェのインスタントコーヒーカートリッジで原則コーヒーが出てくるマシン

(カプチーノやカフェラテのカートリッジもあります)

ゴールドブレンド アイスコーヒーサーバー

アイスコーヒーのペットボトルを冷やしておくマシン。

ドルチェ グスト

コーヒーの他に抹茶、チョコチーノ、ティーラテなどドリンクの種類が豊富。

スペシャル.T

日本茶・紅茶・中国茶・フレーバーティー・ハーブとルイボスのブレンドティー。コーヒーではなくティーマシン。

ネスプレッソ

本格ドリップコーヒー専門。

 

メリットとしては

  • カフェで飲んだりコンビニにその都度買いに行くよりコストは安くつき、
  • クオリティは大手の強みでまず安心。
  • 配達してもらえるから消耗品の補充の手間いらず、
  • ボタン一つで操作できるからコーヒーの粉や使ったスプーンなどの始末が不要となり、後片付けが楽。

 

 

選んだのはネスカフェネスプレッソコーヒーメーカー

組み立て

まず、タンクを洗って水を入れ

nescafe-ambassador

フタをしてから水タンク接続部にセットします。

水タンク接続部は左右に動き、磁石式でタンクをセットできて

nescafe-ambassador

水タンクは接続部分の高台に切れ込みが入っているため、

nescafe-ambassador

切れ込み部分が接続部と本体のジョイント部分にはまるようにセット。

nescafe-ambassador

 

コーヒー抽出口側の部品は3種類。

カプセルコンテナと排水受け皿を重ねてセットする。

nescafe-ambassador

上段はコーヒー抽出が終わると使用済みのカプセルが落ちてくる。

下段には水がたまるため、どちらもできればこまめに捨てる。

nescafe-ambassador

 

排水受け皿の真ん中はマグネットになっていて

nescafe-ambassador

カップ台を取り付けることができる。

nescafe-ambassador

取り付けところ。

nescafe-ambassador

小さいカップだと、抽出口からカップまでの距離が長いと飛沫が飛ぶから、台を置いて距離を縮める。大きいカップの時にはこの台、外せる。

 

カップをセットして、

nescafe-ambassador

完成です!

nescafe-ambassador

 

抽出前に湯通し(必ず行う)

まず当たり前ですが、電源をコンセントにつなぐ。

次に

ネスプレッソコーヒーメーカー上部のスライド部分を動かします。

nescafe-ambassador

 スライドを動かすことで電源が入る。

nescafe-ambassador

視力検査のような大中小のボタンがあります。

  • 大きいのがルンゴボタン
  • 真ん中がエスプレッソボタン
  • 小さいのがリストレットボタン

順番に、出てくるお湯の量が少なくなる。

今回は湯通しなので左端の一番大きなルンゴボタンを押してスライドを閉じると

nescafe-ambassador

「ゴー・ゴボゴボ…」の音響の後、静かにじわーっとお湯が出てきます。

nescafe-ambassador

 

ネスカフェネスプレッソコーヒーメーカーのカプセル

nescafe-ambassador

 コーヒーメーカー本体の箱の中にお試し用のカプセルが入っていました。

nescafe-ambassador

アルミカプセルの中に世界中からえりすぐったコーヒー豆が入っおり、酸化と劣化を防ぐ。14個入り。 

  • カザール(濃紺)力強い味わい
  • アルペジオ(紫) 深い味わい
  • ローマ(グレー)マイルドなエスプレッソ
  • リヴァント(銅)バランスのとれたお味
  • ヴォリュート(金)甘くて軽やか
  • ロサバヤ(薄桃) フルーティーかつ酸味
  • ダルサオ(薄金) 甘さと香りの調和
  • ブケーラ・ルンゴ(ピンクゴールド)ブーケのような香り
  • ヴィヴァルト・ルンゴ(薄青)複雑だが調和がとれている
  • ヴィヴァルト・ルンゴ・デカフェ(薄青・赤)複雑だが調和がとれていてカフェインレス
  • フォルティシオ・ルンゴ(薄緑)心地よい複雑な苦み
  • リニツゥオ・ルンゴ(オレンジ)まろやかでなめらか
  • アルペジオ・デカフェ(紫・赤)深い味わいのカフェインレス
  • リストレット(黒)力強くコントラストのある香り。

 

自分で頼んだ必須購入のカプセルはリヴァント。10コ入りで756円。

nescafe-ambassador

…ネスカフェアンバサダーって、世界中でキャンぺーンやっているのでしょうか。カプセルの箱には世界各国の食品表示が並び

 

nescafe-ambassador

 

nescafe-ambassador

 

nescafe-ambassador

パッと見、15か国語あるような。

 

ネスカフェネスプレッソコーヒーメーカーでコーヒー抽出

あっけないほどに簡単で、まずカップをカップ台に置き

カプセルを取り出し

ルンゴ・エスプレッソ・リストレットボタンのどれかを押し(普通にコーヒー1杯飲みたいならルンゴ)

nescafe-ambassador

スライドを開き

nescafe-ambassador

カプセルを穴の形に添ってそっと落とし

 

nescafe-ambassador

スライドを閉じると

nescafe-ambassador

 

マシンはしばらく沈黙します。初めてだと焦ってしまうかもしれませんがじっと待つ。(体感20秒)やがて「ゴー・ゴボゴボ…」の音響の後「ジャー」っと音がして(たぶんカプセルを破っている音)、電子音の重い音(たぶんカプセルを熱湯が通貨する音)マシンまわりにはコーヒーの香りが漂い、静かにじわーっとコーヒーが出てきます。

 

nescafe-ambassador

 

使い終わったカプセルは、前後に穴が開いていて、しかし手でさわっても濡れていない。ごみ捨てるのに扱いやすそうなのはポイントが高い。

nescafe-ambassador

 

 

ネスカフェネスプレッソコーヒーメーカーを使ってみての感想

  • その昔はコーヒー豆を挽き、ドリッパーにペーパーをセットし、粉を入れ、ドリップポットから静々と熱湯を入れ、ガラスポットに落としてコーヒーを飲んでいた。ドリップパック(紙製のドリッパーをカップに直接装着するタイプ)を初めて見た時には「…ごみが増えるじゃないか」とか思ってたんですが、手軽さから今は家庭で飲むならドリップパックが全盛。に続いて今度はマシンにカプセルを装填!?するだけ!時代は変わる。
  • コーヒー豆は新鮮じゃないと風味が落ちるから、アルミカプセル式なら安心ですね。
  • 後片付けの手間が圧倒的に楽。
  • 以上をクリアするために1杯70円台からのお値段を高いと見るか安いとみるか、その人ごとの価値観ですね。ちなみにネスプレッソが一番単価が高い。一番お手頃なバリスタならまとめ買いすると単価は10円台。ラテやマキアートだと単価100円くらい。お茶類だと80円弱から。
  • 配送は4,500円以上だと無料で、月1回コース、2カ月で1回コースなど、月4箱コースとか6箱コースとかある。そしてネスレは大企業。購入量に応じて割引はあるしポイント付与もある。
  • 同梱できる商品が充実!
    • ネスレのフリーズドライのインスタントコーヒーもスーパーやドラッグストアよりも安く買えるし
    • キットカットの大袋やご当地限定品
    • 高級嗜好のショコラトリー
    • 世界のお菓子
    • ネスレのシリアル
    • ミロ
    • ドリンク類のポーションタイプ
    • ペットフード(ピュリナ)
    • マギーブイヨン
    • プロ使用のブイヨン・コンソメ・ソース・デザート
    • 高齢者向けの栄養補助商品
    コーヒーカプセル届けてもらうついでに常備しておきたいが切らしがちな食品や、近くのお店では見かけない珍しい商品を手軽に届けてもらえるのはうれしいし、ありがたい!
  • 肝心のコーヒーのお味は、うん、普通に美味しいです。そして、香りが良いですね。抽出が始まっても、飲む時も。そして味の感じ方は個人差があるから、好みの厳しい人はどう感じるか。もあっての無料レンタルなんでしょう。抽出するお湯の量は初期設定で標準で25ml(リストレット)、40ml(エスプレッソ)、110ml(ルンゴ)で選べて、もうちょっとお湯の量を増やしたいなら電気ポットのお湯を足すなりマシンを操作するなり(ボタンをタッチしたままスライドを閉めて欲しい量になるまでボタンを押し続ける)で調節できる。
  • 自分でお手入れ・メンテナンスしなければいけない! これはどこにも書いていなかった。自分が口にするものなのですから、当然と言えば当然ですが。
    • 毎日、コーヒーを抽出し終わったら 湯通しする。
    • 電源を切ってから電源を抜く。
    • 残った水を捨てて水タンクを洗う。
    • 使用済みカプセルを捨てる。
    • カップ台と排水受け皿を洗う。
    • 排水グリッドを外して洗う。
    • コーヒー抽出口を清潔な柔らかい布(水に浸してからよく絞る)で拭く。
    をやらなければいけません。正直、寒い季節なら、コーヒーだけなら、多少サボっても、自分だけで飲むなら。 しかし梅雨時、ラテやマキアートなど、糖分油分の入った飲み物をマシン使って作って飲んだら。 お手入れはしないと、不安ですね。
  • マシンは送ってもらう時は送料無料ですが、返す時の送料は自分持ちなので、送られてきた時の箱はとりあえず取っておくこと。

 

とりあえず3カ月は使います。折角だからキットカット買っちゃおうかな、マギーブイヨン買いだめしとこうかな。シェフ御用達のデザートキットをお取り寄せしてしまおうか、期間限定ポイントアップ商品もチェックしなければとオンラインショップを楽しく眺めております。

 

 

www.hitomi-shock.com

 

 

www.hitomi-shock.com