家族が糖質制限ダイエットに成功・継続していて鬱陶しいことを延々並べてみる。

糖質制限食、大人気。時代の一大潮流。

しかし現代、ごく普通~に、ゆる~く生きている人間にとっては、「何もそこまでストイックにならなくても」とか思ってしまいます。家の者が糖質制限してるんですよ。感想を一言で申せば、早くやめてほしい。理由を順番に。

f:id:hitomi-shock:20180408213535j:plain

 

 

 

 

一緒に食事ができない

作っても食べてくれず、異常に気を使う

普通に1汁2~3菜、作る。ダメ出しが多すぎる。 例えば

  • 肉じゃが…ジャガイモと人参が入っているからNG。(ジャガイモはわかりますが人参は野菜は野菜でも糖質が多いんですってね)
  • カレー・シチュー…ルーには変な食材(ハ〇スやエ〇ビ〇の人が聞いたら怒るぞ)が入っているからダメ
  • パスタ・うどん・そば・パン・ごはん…糖質だから当然ダメ
  • ソーセージ・ハム・かまぼこ・ちくわ…糖質が添加されているからダメ
  • 甘辛の味付けはダメ(味付けに砂糖ダメ日本酒ダメみりんダメワインダメ)
  • 根菜(ごぼう・れんこん・かぼちゃなど)ダメ
  • マヨネーズやドレッシングなどは食品表示をよくみて、糖質が入っていないもののみしか使えない。
  • 安いサラダ油はダメ。高級オリーブオイルならOK
  • 市販のオカズの素はほぼダメ。
  • お土産のケーキや、いただきものの箱菓子も当然ダメ。

つまり、手抜きしたくてカレー1皿、チャーハン1皿、うどん1杯系のメニューはもはや使えない。 気の遠くなるような制限だらけ。

食べていいものが少なすぎる。気を抜くとオカズ全部手を付けない。一瞥して「いらない」とも言わないで立ち去るのみ。 もったいないじゃありませんか。

1日2日ならともかく、延々と毎日付き合わされる。 正直お手上げです。

 

PR

 

だいたいねえ、食事毎日作るってね、手間かかってるんですよ。 オカズを決める、家の食材の在庫に考えを巡らせながら買い出しし、 30分なり1時間なり、時間をかけて作って出すゴハン。

言ったってどうしようもないから言いませんが、わかってほしいなんて言いませんが 作った人へのリスペクトなんて、これっぽっちも頭にも浮かばず、 ネットの「糖質制限食、押さえておくべきポイントは」とかに書いてあることだけ厳格に守る。 精が出ませんよ。まったく…。

仕方がないので、

  • 料理は味付けの前に取り分けたり、煮たり切ったりするだけにしてテーブルで自分で味付けして食べてもらう。
  • 「かくかくしかじかの料理法なので食べられるのでは」とお伺いを立てる。
  • 無視して自分の食べたい料理を作る

を使い分けています。

 

一緒に外食ができない

食べちゃいけないものが多すぎるため、当然外食はできません。 行列のできるお店のラーメンも、今話題のパスタも、新しくできたカフェも。美味しいと評判のスイーツ店も臨時収入が入った時に張り込むお寿司もフレンチもイタリアンもご一緒していただけません。ま、どうしても行きたいなら別の人誘いますけどね。

「空気を読む」は人生の辞書にはないらしい。上司や同僚の誘いを、自分の肉体改造のためだけに断って、将来に支障は出ないのでしょうか。

 

一緒に外出するとこそこそと変なのを取り出して食べる

どうしてものお出かけの時は水筒入りの卵白とプロテインを持参する。ちょっと待ってて、とやおらリュックから水筒を取り出して一気飲みする。

またはプロテインの大袋を取り出し(小分けにしろよ、まったく)、粉をこぼさないように車の外でプロテインを測り、ミネラルウオーターと混ぜ、シェイクして飲む。

…「憑依」という言葉が頭の中を去来するのは、私だけでしょうか。

 

 

偏った食材を大量に買い込む

こっちの作った料理はえり好みして食べたり食べなかったり、しかし糖質制限食とは、空腹でいるのはよろしくない。日に5~6回食事する。こちらが用意しない間の食事何を食べているかというと

  • 鳥のささみ
  • 卵白
  • ツナ缶
  • サバの水煮缶
  • ヨーグルト
  • ノンカロリーのエナジードリンク・スポーツドリンク
  • ノンカロリーのコーラ

ですね。

どれも業務スーパーに行って大量に買い込んでくる。とある週末、買い出しに行かなかったところ、次にお店に行ったら「次からは来店前に予約のお電話お願いします」と言われてしまったとか。

卵は卵白だけ食べる。卵白はそのまま飲み干すか、テフロン加工のフライパンで火を通して白くして、大瓶・アメリカンサイズのガーリックパウダーなどをふりかけて食べている。1日20~30個の卵白を召し上がっているらしい。つまり毎週、140~210個。卵の置き場所に困る。業務スーパーの人も来たり来なかったりでは入荷に差し支えるはずだ。 卵黄の後始末は私が担当です。

 

PR

www.hitomi-shock.com

 

鳥のささみは冷凍の1kg入りのを週に2~3袋。毎回3本ずつ解凍してこれまたテフロン加工のフライパンで焼き、やはりガーリックパウダーをふりかけて食べる。

ツナ缶は一ぺんに2~3個、サバ缶は1回1個。 ヨーグルトは、最近パウチに入って1Lくらいのが出回るようになりましたね。買ってきて食べている。

そして私は野菜不足解消のため、スムージー党です。私と一緒に1日1杯、飲み干されます。(私はりんごとか混ぜて1日2~3杯)

 

 

www.hitomi-shock.com

 

 

いつも台所が片付かない

夕ご飯は大量に食べてはいけないらしく、作ったオカズはとっておかなければならない(いちおう家族ですから)今までは冬なのでキッチンの片隅にラップをかけて置いていた。ラインナップがお気に召せば次の日の朝食べてくださる。気にくわないオカズは残っている。

半端な1枚ずつのお皿や料理を片づけるのは、お皿を洗うのは私。(老後お世話にならざるを得ないかもしれないと思うと強く出られない気の弱い私)

ゴハンが終わり、後片付けが終わり、シンクの周りを拭き、作業台も台ふきで拭いてさわやかな気持ちで台所を出る。…

するとすぐ入ってきて、次の料理の支度を始める。フライパンとフライ返しを毎回洗わないのが気に喰わない。1日2~3回、3~4時間ごとに料理しているのだから、1日1回洗えば、残りは洗わなくてもいいと思っているのだろうか。当然皿と箸はシンクの中に入れておしまい。置いただけ。洗うのは私。

台所に戻ってみると、ついさっき片づけたばかりのはずなのに、フライパンとフライ返しと皿と箸がそのまま。ガマンガマン…。

 

PR

 

やたらとゴミが増える

ウチの地域の資源ごみは毎月第一火曜日と第三火曜日の月2回。 卵パック、業務スーパーでは下紙、上プラで20個組で売っている。通常10個のプラパックのカサ2倍。卵を週140個食べるとしてパックが7組。二週間で軽く14枚、ゴミがたまる。

鳥ささみ1kg入りはプラスチック袋だからかさばらないからまだいい。 サバ缶とツナ缶も週5~6ケだからレジ袋に入る。

とりわけ私を暗い気持ちにさせるのはペットボトルです。

  • 毎日1~2本、500ml水やらノンカロリーコーラやら飲む。2週間で軽く20~30本分のペットボトルが出ます。
  • その他に2Lのペットボトルのスポーツドリンクを毎日1本程度、飲んでいる。2週間で14本です。

つまり2Lペットボトル14本+、500mlのペットボトルが20~30本。レジ袋で4~5袋分。

大量のペットボトルの何がイヤかというと

  • あまりに大量すぎて保管場所に困り
  • 水を切ってから入れればいいのはやまやまだが、毎日のこととなると一しずくとか、どうしても液体が残り、汚れやすい
  • 朝の忙しい時間、資源ごみを捨てに行くのに、プラ・古新聞・段ボール・缶・ペットボトルと分別しますが、ゴミ置き場まで1往復ですんでいたものが持ちきれず、2往復も3往復もしなければいけない。(繰り返しになりますが老後お世話にならざるを得ないかもしれないと思うと強く出られない気の弱い私)
  • あまりに不経済ではないか。ペットポトル飲料、平均80円前後として1日3本として80円×3本×30日=7,200円。1年12カ月だとさらに×12月で86,400円です。私の価値観としては、ペットポトルの飲み物は確かに美味しい。しかし不経済であり、家ではティーパック等を使い、外に出て手軽に便利に飲み物を飲みたい時のみ買うものだった。86,400円。私なら別のことにつかうけどなあ。せめて粉末を買ってきて溶かせば少しは浮くのに。飲料メーカーの良いカモになってる気配、アリアリ~。でも、価値観は人それぞれだ。とこれまたガマンガマン…。
  • ノンカロリーの甘味料は糖質制限の理論からいけば問題ないらしい。しかしですねえ、白砂糖だって、今さんざん悪く言われているほかの甘味料だって、出てきたばかりのころは害など知られていなかった。今もてはやされている新素材の甘味料だって、糖質制限のカテゴリーも含めたもっと大きい体への長期的な影響、わからないってだけでしょ!?何もないとは言い切れないでしょ。何を食べるにしても飲むにしても、少しなら、まあいい。しかし毎日毎日同じもの。が1日2~3Lですからねえ。

大量の資源ごみの日待ちのペットボトルを見るたびに、胸が暗くなるのです。

 

 

洗面所を占拠される

コレあんまり関係ありませんけど、糖質制限と筋トレはセットですからね。

朝夕、こっちが使いたい時間帯に洗面所の戸を天の岩戸のごとくピッタリとしめ、出てこない。せめて差し支えない用事なら戸を開けておいてくれればいいのに。

顔を洗うにしては長すぎる。ラジオの音が流れている。入りたいんだけど。じりじりしながら待っていなければいけない。(ま、どうしてもの時は声かけますが)

自分の部屋でできることは自分の部屋でやってくれ!

 

PR

 

まとめ

好きなものを好きなだけ食べられるのは30代半ばまで。40代になれば数値に現れ、50代になれば症状に現れ、60代になれば病名が付き、70代は病気に足を引っ張られて生活に支障が出始め、80代にお迎えがやってくる。がおおかたの人生マップ。

ちなみに、ダイエットには成功してます。意志の強さにだけは脱帽ものです。尊敬してます。当人も「(食べ物は)まずいに決まってるじゃないか」と言ってる。

しかし通り相場、食べ物って、どれかを極端に制限し、一方を大量に摂るって、絶対に良くない!

今はいいんですけどね。のちのち影響ありはしないか。食べ物の自分の主義主張を最優先にして、失うものはありはしないかが気にかかります。

 

以上です。ああ、ブログをやっていて良かった!ストレス解消になりました!

 

 

 

www.hitomi-shock.com