読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「読まれる記事と実践的なSEOのセミナー」(コンテンツSEO 第3段)に行ってきました!

2017年4月22日(日)、13時~17時30分まで、東京八重洲で開催されました「コンテンツSEO 第3段 ~読まれる記事と実践的なSEO~セミナー」に行ってきました。

告知はこちら。

suzukidesu.com

 

 

受講の動機

なんてったって

 

の鈴木利典こと鈴木こあら先生(今回のセミナーの主催&司会)

 

こと敷田憲司先生

s-supporter.hatenablog.jp

 

こと染谷昌利先生。

そしてシークレットゲストとしてSEOのスペシャリストの先生。

(くれぐれもご内密にと鈴木先生からのお話でしたので控えさせていただきます。お言葉にたがわず、ビックネーム中ビックネームの先生)

日本のWeb界の巨匠中の巨匠、4人のお顔をまじかに見ることができる!生でお話を伺うことができる!(コレが一番の動機;;;)そしてSEO・アクセスアップ・収益アップのヒントをいただける。と期待に胸膨らませ、出かけて行きました。

セミナーの対象は

3カ月くらいブログを続けていて、より早く実績を出したい人、ということで、私にピッタリ。(今年の1月1日からこのブログ始めました)

 

www.hitomi-shock.com

 

 

敷田先生と染谷先生のお話は著作権フリー。写真も講義の内容も、外出し全然OK。両先生の講義のPDF、頂戴してしまいました。シークレットゲストの先生は控えるように。そして鈴木先生はダイエット中なので撮影禁止とのこと。スリムになったら、今よりもっと素敵になられますね。
 

第1部 ペルソナと時系列に沿ったキーワード選定と記事の書き方(敷田憲司先生)

 

f:id:hitomi-shock:20170423190842j:plain

ブログに来てほしい。そして商品を買ってほしい。のであれば、ユーザーがどんな人なのか。どんな行動をとるのか。を来てほしい側が想像する。ユーザーがスムーズにサイト内を回遊(「カスタマージャーニー」という)して成約できる仕掛けを整えるのが迎え入れる側の心得。そしてこれらを図式化したものを「カスタマージャーニーマップ」という。
 
例えば、旅行サイトが案件を成立させたいなら
ユーザーはどんな人か(「ペルソナ」)を設定する。
(性別・年代・旅行のこだわりなどをできるだけ詳しく)
そしてユーザーはおそらくは
  1. 候補地をあちこち探し、決まったら
  2. 訪問先の情報を探し
  3. 実際に訪問先で行動するための情報を探し
  4. 旅行が終わればその感動をシェアしたい。
とするならば
  1. 「場所」「日時」「料金」「イベント」をキーワードに説得力あるコンテンツを。
  2. 「訪問先」「訪問先の特徴」をキーワードに準備をスムーズに進めるためのコンテンツを。
  3. 「訪問先」「交通機関」「訪問先の目印」をキーワードにわかりやすいコンテンツを。
  4. 「感謝」「感動」「おすすめ」まわりを先の1ともからめた言葉をキーワードに、体験談やレビューを書きたくなるコンテンツを。

ユーザーの手助けとなるよう、疑問・不安を解消できるようなコンテンツと流れを作り出せば、ファンは増え、リピーターになってくれる。

目標はPVではなく「申し込みフォームに進んた人の数」「リピーターの数」です。

 

第2部 読まれる記事の書き方(染谷昌利先生)

f:id:hitomi-shock:20170423191405j:plain

価値ある情報をユーザーに届けることの感謝の対価としてアクセスと収益があがる。
もっとも、この「価値」は人それぞれなので、難しい。
そして検索エンジンにもできることとできないことがあるので、クセを理解すること。
(「あれ」「これ」は使わない。型番品番をしっかり書く。)
  • クリックしてくれるタイトル
  • ありがたくもクリックしてくださった どのユーザーにもわかりやすい内容(アフィリエトサイトなら飛んだ先の申し込みやすさや決済方法が選べる、などの利便性も当然含まれる)
  • 明るい未来、ユーザーの明日を変える気づきを与える内容
こそが良いコンテンツ。
 
続いて
  • OATH法則(サービスを知らない→サービスに気づく→買おうか悩む→購入に至る現実行動の各段階でアプローチが異なること)
  • マズローの5段階の欲求(生理的→安全→社会的→承認→自己実現欲求の順で成約の難易度が上がる)
  • 5W3H1R(いつ・どこで・誰に・何を・なぜ・どのように・どのくらい・いくらで・結果は)
  • 収益向上の方程式
  • 収益を上げやすいジャンル(お金・ダイエットなど)
  • 今はスマホからの流入がPCからのそれを上回っている現状
  • 役に立つサイト(「yahoo知恵袋」「類語辞典・シソーラス」鈴木先生からはのちほどキーワード選定ツール「おむすび」)の紹介
  • ほか気を付けるポイント(「提案・紹介・納得」)
の説明。
 
良い例として
  • ルンバは「掃除の時間は無駄な時間だ」との気づきを与え、ストーリー付けが素晴らしい。だから安くない値段なのに売れに売れた。
  • 再春館製薬は薬機法のしばりの中、イメージ戦略がうまい。
 
そしてブログをやめることこそが失敗。とにかく続けてください。伝えたい。の想いこそが大切で、我を出す(稼ぎたい、有名になりたい)はうまくいかない。
 

第3部 最近のSEOの動向・実践的なSEOについて

秘密なので出せません<(_ _)>
唯一出していいとお許しが出たのは
とにかくサイトを軽く!ユーザーが一瞬でコンテンツの内容を理解できるように。
 

第4部 質問タイム

出席された方々のお悩みが次々と。みなさん自分でサイト持っている方ばかり。なのでみなさん、質問も具体的で切羽詰まっている。「この場合はどうしたらいいでしょうか」的な質問が次々を出て、司会者鈴木先生を加えた4人の講師の先生方が答えてくださいました。かなりきわどい質問もあったんですよ~。(某W○l○・R○T○I○関連、ブラック・ホワイト・グレーとか)

 

第5部!? 懇親会

セミナー終了後、場所を変えて懇親会もあったのですが、こちらは私、欠席。

 

まとめ(感想)

f:id:hitomi-shock:20170423191435j:plain

あ、これ知ってる。聞いたことある。もあったし、そうなんだ。知らなかった。ももちろん(山ほど;;;)ありました。

そして教わったことは自分のブログに活かしてナンボ。ユーザーさまに続けて何記事か見てもらえるように、過去記事貼り付けを足したり、アクセスの多い記事のリライトや関連記事の追加もぼちぼちやらなければ。これから作り込む記事はユーザーさまの行動を念頭に置き、キーワード選定をしっかりやって、5W3H1R固めてから書こう。そしてやめずにブログ続けねば。

そして、著作権フリーってことはですよ。お話のあった内容は、おそらくは自分が疑問に思い、ググレば、調べれば出てくることなのです。有名な先生が目の前で、わかりやすく、お話してくださったからノートに取り、こうして参加エントリーに出すけど、でも。この先は、自分のアタマで考えて、進めなくては。(アクセスだって収益だって、多いにこしたことはない♪)

でも、またセミナーの告知が出たら、行ってしまうかもしれません~。いつも一人でひっそり、ブログ書いてるし。

一流の先生がたのオーラを浴びることができて、楽しかった!この場を借りまして、厚くお礼申し上げます。

 

最後は、セミナー途中で配られたおやつの鈴木こあら印のビスコと

f:id:hitomi-shock:20170423190500j:plain

開封の儀式。

f:id:hitomi-shock:20170423190529j:plain