本の紹介

【おすすめ読書】積んどいた本を一気に20冊読んでみる④

中国人物伝 第I巻 乱世から大帝国へ 春秋戦国―秦・漢 乱世から大帝国へ 春秋戦国―秦・漢 (中国人物伝 第I巻) posted with ヨメレバ 井波 律子 岩波書店 2014-09-06 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net honto e-hon 紀伊國屋書店 中国人物伝 第II巻 反逆と反骨…

【おすすめ読書】積んどいた本を一気に20冊読んでみる③

世界の翻訳家たち―異文化接触の最前線を語る 辻由美 世界の翻訳家たち―異文化接触の最前線を語る 昨日の最後、紹介した辻先生の本は歴史上の翻訳者を語った。そしてこの本は、現代を生きる各国の翻訳者へのインタビュー集です。「韓非子」をフランス語に訳す…

【おすすめ読書】積んどいた本を一気に20冊読んでみる②

日本の歴史をよみなおす (全) 網野 善彦 日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫) posted with ヨメレバ 網野 善彦 筑摩書房 2005-07-06 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net e-hon 紀伊國屋書店 今の日本の源流は、室町時代くらいではないか。南北朝の動…

【おすすめ読書】積んどいた本を一気に20冊読んでみる①

本ってどうしてこうたまるのでしょう。買っておけばいつかは読むはずだ。とたまりにたまった本を、まとめて読んでレビューしてみます。 いつもより短めに、かわりに毎日更新していきます。 腹を抱へる 丸谷才一エッセイ傑作選1 腹を抱へる 丸谷才一エッセイ…

尾形月耕の絵で源氏物語五十四帖現代語訳・わかりやすいあらすじを作ってみた。

日本の誇る大古典。紫式部の「源氏物語」。全54帖の絵を明治の浮世絵師・錦絵師、尾形月耕(1859-1920)が描いています。その絵はきらびやかでありながらも端正でみずみずしい。各巻ごとのあらすじとともに、平安王朝絵巻をお楽しみください。 1…

孔子と論語の何がどう凄いのか名言とともに全力で語ってみる。

「論語」…昔漢文の時間に習った。眠かった…。のアナタに贈ります!どんなことが書いてあって何が凄いのか。孔子はどんな人だったのか。コレを読めば、知ったかぶりできる!トリビア満載です。 孔子の言葉が時を超えて語り継がれるには訳がある。できるだけわ…